知育玩具/木のおもちゃ/日本製のおもちゃ/出産祝い/誕生祝い     

 

知を育むおもちゃの専門店 KIDS LAND


お気軽にお問い合わせ下さい
TEL:048-223-3070
FAX:048-223-3087


イオンレイクタウン店 営業中
11月6日(金)リニューアルオープン

 

 

 

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品属性で探す
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリで探す
店長日記
2012/12/31
本年もご愛顧ありがとうございました
 

本年もあっという間に過ぎ去り、今日1日となってしまいました。

振り返ると、本年は当店にとりまして、何かと動きの多い年となりました。

大所帯(35坪)での初売りに始まり、3月にレイクタウン店を移転し、4月には待望の路面店(西川口店)がオープン、8月にはレイクタウン店の契約を延長・・・と文字にすると伝わらないのですが、こうした事に関連する準備等含めて、あわただしい日々が続きました。

何とか無事に一年を終えられたのもお客様始め、支えて下さる皆様方のお陰と思っております。

誠にありがとうございました。

すぐに新年になってしまいますが、来年度は、一番の懸念事項になっているHP(というよりも情報機器全般)の抜本的改修をメ始め、よりよい店舗づくりができるよう精進していきたいと考えております。

今後ともKIDSLANDを何卒よろしくお願い申し上げます。





2012/7/9
新商品がやってくる
 
西川口店がオープンして早3か月、今年も半分が経過してしまいました。地域の皆様と触れ合う機会も増え、日々試行錯誤しながら運営しております。

おもちゃ業界は、もうすでにくクリスマス商戦の話題が中心です。今年の特徴としては、やはり昨年から続くエコの流れを引き継いでいるものが目立ちます。

また、最近のスマホブームに乗っかって、スマホ連動のおもちゃも登場し始めました。

木製玩具に限ると、木材の値段が非常に高騰しており、材料の変更による新商品開発など、各メーカーが苦心しています。

特に楽器系で使用されるカリン材や東南アジア系のおもちゃで使用されるラバーウッドの値上がりが著しいようです。

当店にも材料高騰の波は押し寄せており、在庫分で価格を抑えていましたが、そろそろ限界が近づいてきました。

当店のコンセプトである、価格と機能のバランスを崩さぬよう、品ぞろえ等で工夫をして乗り切っていこうと考えております。

また、一方で、BRIOなどヨーロッパ系の玩具では、ようやく円高が反映され、今年のラインナップは例年に比べ、かなりお得感が出ています。

育児ブログでも新商品の一部をご紹介していますので、ご覧ください。9月から10月下旬にかけて随時、登場してまいりますので、どうぞご期待下さい。



2012/4/19
西川口店オープン
 
育児ブログでもお知らせしていますように、4月15日(日)に当店初の路面店となります西川口店がオープン致しました。

場所は、JR京浜東北線西川口駅東口よりロータリーを直進して徒歩3分、紳士服のコナカ様となりです。

今回は、初の路面店ということもあり、店舗内外装、設備準備や商品ラインナップ等、ショッピングモールでの経験値が使えない場面も多々出てきました。

今までSC内での出店では、当たり前のように(もちろん資金は発生しますが)、設備は揃っていて、こちら側からは、「○○と××を使用したい」と申請するだけでよかったのですが、当然ながら、路面店では全てを自身で手続きしなければなりません。

一番手間がかかったのが、クレジットカード端末とインターネット回線手続きです。

クレジットカードに関しては、申請期間や端末レンタルまでの期間を甘く見積もってしまい、未だにご使用頂くことができません。(お客様には大変ご迷惑をおかけしまして大変申し訳ございません。)

インターネット回線についても、当初は光回線を引こうと考えていたのですが、入居している建物(=築50年)の関係上、申し込みから2週間以上経ってからNGとなってしまいました。

結局、データカードで代用することとなり、光回線とセットで考えていた電話回線の申し込みをようやく完了させました。

要は、事前の調査が足りなかっただけなのですが、SCでの経験が少しばかり逆に働いてしまいました。

また、商品ラインナップについても、路面店ということで、ご近所の方々に気軽に立ち寄って頂けるよう、有機素材を使用したお菓子を新規取扱いしたり、仕掛け絵本のコーナーを拡充しました。

そして、これもまた育児ブログで記載してありますが、今回も開店にあたっては、沢山の方々のご厚情に触れました。

色々と相談に乗って頂いた内装業者さんやお手伝いに来て頂いたメーカーの営業の方、励ましてくれたり愚痴を聞いてくれる友人達、我が子を預かってくれる親族・・・。

そして何よりも、開店して間もない当店を訪れてくださるお客様。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。誠にありがとうございます。

初心を忘れず皆様に愛される店舗を目指して頑張って参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。


2012/2/8
店舗移転のお知らせ
 育児日記でもお知らせさせて頂きました通り、2月19日(日)をもちまして、現在の区画での営業を終了致します。

その後、10メートル程離れたブリッジにて3月2日(金)より営業を再開致します。

以前の店舗をご存知の方も多いかと思いますが、再度、通路催事店舗に戻ります。

まるでヤドカリのように、何度も何度も移転を繰り返しているのですが、少しづつですが、歩みは前に進んでいるような気もします。

皆様のお陰さまをもちまして、年末年始の販売も好調のうちに終了し、ディベロッパーからの評価も上々でした。

では、何で元に戻るのかと言いますと、色々な裏話になってしまいますので、あまりお話できませんが、とりあえずは、契約期間が満了したためです。(つまりは、半年間しか契約していなかったということ。)

これは、テナント営業が初めての事だったため、当店とディベロッパーの双方が合意してテスト的な意味合いがあったためでした。

今回、半年弱ですが、テナント運営における課題も多く発見でき、今後の正式テナント契約に向けて、大きな成果がありました。

ですので、いったんは、店舗が縮小されますが(極力商品数は残します)、また今年の下期を目処にテナント営業を目指して頑張って参ります。

また、路面店についても現在物件を探しており、早ければ、今年の春にオープンを予定しております。

店舗形態は、常に変わっていきますが、お客様のご要望に応えられるよう精一杯頑張ってまいりますので、引き続きご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。




2012/1/9
新年の抱負
 あけましておめでとうございます。本年も変わらぬご愛顧の程お願い申し上げます。

2011年は、本当にマイナスの面で激動の年となりましたので、2012年は、兎にも角にも平穏無事な一年となりますように切に祈るばかりです。

当店の抱負としましては、懸案となっているレイクタウン店の契約延長を目指すことと、ショッピングモールもしくは路面店での多店舗展開です。

木のおもちゃをもっと皆様に知って頂くためには、やはり店舗を増やしていくことが必要不可欠になってきます。

店舗が大きくなれば、ご紹介できる商品数も増えますし、一つの夢であった当店オリジナル商品の開発も可能になってきます。

とは言え、足元をおろそかにすることはしてはいけない事ですので、レイクタウン店を一層改善しつつ、徐々に行動に移していければと考えています。

2月にはギフトショーが開催され、春の新商品が登場します。店頭に並ぶのは、春過ぎになるかと思いますが、どんどん面白い商品をご紹介できればと思います。

当店にとっては、やはり今年も波乱万丈の一年となりそうですが、”楽しむこと”を忘れずに頑張って参りたいと思います。

最後に、
2012年が皆様にとりまして、素敵な一年となりますことをお祈り申し上げます。

2011/12/31
年末にあたって
 本当に色々な事があった2011年が終わりを迎えようとしています。

まず初めに本年も皆様もご愛顧誠にありがとうございました。スタッフ一同、この場をお借りして最大限の御礼申し上げます。

今年は、少なくとも私が生きてきた30数年の中では、社会的にも私生活としても、最も激動の年でした。

社会的な出来事としては、やはり東日本大震災で、私は直接的な物理的被害を被っていないにも関わらず、いまだに津波や原発事故などの震災関連の映像が映しだされる度に涙してしまいます。

年末のテレビ番組構成などを見るとここ関東では徐々に日常を取り戻しつつあるように思えますが、被災地の方々は、まだまだ震災の真っただ中にいます。このことだけは、忘れてはいけないと日々心に刻んでいます。

私生活(仕事)でいいますと、今年は、通路から店舗に移り、本当の意味での店舗運営の大変さ・楽しさを学んだ年でした。

売場面積が4倍になり、商品数も増え、その分、在庫管理などの関連業務も激増しました。

10月にスタートし、試行錯誤を繰り返しているうちにクリスマス時期になってしまい、慌ただしさのなかで欠品商品で皆様にご迷惑をおかけしてしまったこともありました。
(来年は、そうしたことがないよう改善して参りたいと思います。)

ただ、やはり店舗が広くなった分、お客様と触れ合う機会も多くなり
沢山のお話を通じて大いに勉強させて頂きました。

最後にもう一度。ご縁のありました皆様に、御礼申し上げます。

ありがとうございました。



2011/10/1
開店前夜
 

いよいよKIDSLANDの新店オープンが明日に迫りました。

店舗の場所としては、直線距離で50メートル程度しか離れていませんが、橋の真ん中から抜け出し、テナントとして入店するため、緊張感が滲み出てきます。

今回のオープンに当たって新規に入荷した商品は、個人的にはかなりお気に入りの商品ばかりで、自信をもってご紹介できると思います。

自身で始めた店舗が少しづつ大きくなっていくことは本当に充実感があるのですが、やはり周りの方々の支えがあってこそと感謝の気持ちがいっぱいです。

今日は最近取れていない睡眠を少し多めにとって明日のオープンに備えたいと思います。

明日がいい日でありますように。


2011/9/12
イオンレイクタウン店リニューアルオープンンのお知らせ
 

KIDS LAND イオンレイクタウン店が、ついにテナントとして、リニューアルオープンすることになりました。

川の中州の様な通路に出店してから1年と半年ほどが経ち、次のステップとしてテナント入店を決意しました。

新店舗の売り場面積は、現在の4倍強とかなり広くなります。

そのため、木製玩具については、現在のラインナップから大幅な増強を行い、おそらく木製玩具専門売り場としては、県下最大級となる予定です。

また、今回は、新たな取り組みとして、木製オルゴール、ベビー用化粧品、オーガニックコットン、世界の絵本といったジャンルの商品も取り揃える予定です。

新商品につきましては、ギフトショーや東京おもちゃショーを始め、関東各地の玩具店を回り、足で稼いだ珍しい商品も入荷予定ですので、ご期待ください。

新店舗までの準備状況や詳細については、店長日記ならびに育児ブログにて報告させて頂きます。


【新店舗データ】

場所:イオンレイクタウンmori 3F ベイビーハウス様隣り

開店日:2011年10月2日(日)

売場面積:80u






2011/7/11
祝3周年


日付が変わってしまったので、昨日が会社創立3周年でした。
ここまでこれたのも、ひとえにお客様を初めとする支えて下さる皆様がたのおかげです。

この場をお借りしまして、改めて御礼申し上げます。

会社設立時には、3年をある程度の目安にしてきましたが、このまま推移すれば、とりあえずの目標は達成できそうです。

4年目を迎えるに当たっては、やはり多店舗展開を視野に頑張っていこうと考えております。

先日見学してきた見本市では、ベビー関連商品で大変興味深い商品がたくさんありました。今後も自分の目で見て確かめて、”イイモノ”を皆様にご提供できていけたらと思います。

今後とも当店を何卒よろしくお願い申し上げます。







2011/6/29
超専門店


店舗業務が忙しいと自分に言い訳を重ねていたら、最後の更新から2か月以上も経ってしまっていました。自分ではそんなに経っているという感覚はないのですが、更新日付という確たる証拠があるため、ごまかしができません。。。

毎度の反省はこのくらいにして、本日の話題です。
先日、おそらく日経新聞だったと思いますが、あるコラム欄で、最近は、専門店よりももっと商品を絞った超専門店が出現してきたそうです。具体例を挙げると、アニメ・マンガ専門店ではなく、“少年ジャンプ”専門店などといった一般名詞から固有名詞に限定したお店だそうです。

ビジネス的な観点から考えると、売上は面積(お客様数×お買上げ単価)で捕えるので、たとえお客様の対象を極端に絞ったとしても、深い品揃えが実現できて一人あたりのお買上げ単価が向上すれば、お店として軌道に乗せることができます。

この店長日記でも何度か取り上げましたが、WEBではない、実店舗を持つうえでは、品ぞろえを考える際、売り場面積(棚面積)を常に考えなくてはなりません。ですので、お客様の対象範囲と品揃えの深さは、いうなれば反比例の関係にあります。幅広いニーズに応えるため、様々なジャンルの商品を置いてしまうと、各ジャンルの商品ラインは自ずと代表的なもの数種類になってしまいます。一方、ある一定のジャンルにとことんこだわると、お客様の幅を狭めてしまいます。
もちろん、物理的に売り場面積を拡大するという方法で上記2つを共に広げることも可能ではありますが、消費不況の昨今、中々そうした方策をとることができません。

今回の震災で、各メーカーが被災し、供給体制の立て直しが遅れたのも、多様なニーズに応えるため進めてきた多品種少量生産にも一因があるようです。マーケティング技術が進歩した結果、お客様のニーズを早期につかみとり、応えることができるようになってきましたが、今後は、上記のような専門店と従来型の万能型とで2極分化が今よりも進んでいくのではないでしょうか。

当店も木製玩具に特化した専門店でありますが、お客様との対話からヒントをいただきながら、どういった“進化”が可能か模索していきたいと思います。






2011/3/20
災害と日本人の力
大震災がおきてからというもの、普段は半年から1年に1回くらいしか電話のない外国の友人から頻繁に電話がかかってくるようになりました。

彼はスイス人で、先日ドイツに見本市の視察に行った際にもお世話になりました。

彼は、もちろん色々と日本の状況を心配してくれるのですが、特に原発事故について興味があるようでした。

現在、日本でも報道されていますが、ヨーロッパでは原発の在り方について大きな議論が巻き起こっているようです。

スイスは、人口700万人ほどで、面積も九州くらいしかありませんが、原発が街からそんなに離れていない場所に立っています。先日の旅行の際も、電車から原発が見えて、私が「こんな場所にあって大丈夫なのか?」と聞いた程です。

ドイツでは、原発推進を取りやめるようですが、フランスなどは世界第2位の原発大国で、今すぐにやめることは難しいそうでうす。


以前から、”新エネルギー”の研究・開発はすすめられていますが、まだまだ実用化までには時間がかかりそうです。

とすると、現在の暮らしを確保する上で、現段階では、電力の供給力を確保するために、原発は必要不可欠なのかもしれません。。。ただし、これからは今回の教訓を活かし、更に堅牢な施設にしていくとが重要になるのだと思います。

もしくは、現在の電力の使い方を見直し、今に比べれば少し不便かもしれませんが、電力供給に合わせた暮らしをするということになるのでしょうか。(確かに、今回の件は、資源には限りがあるのだということを強烈に思い起こさせてくれました。)


★★★★★★★★★★★★
現在、復興に向けて各地で様々な活動が続いています。また、海外からも多数の励ましの声が寄せられています。先日の日経新聞に気になるコラムがあったので紹介させて頂きます。

コラムは「日本の奇跡は終わっていない」というタイトルで、

”日本はその国民以外にほとんど天然資源を持たない国だ。日本の奇跡を生み出したのは彼ら日本人であり、また、世界がこの国の経済停滞にうんざりし、幻滅した時でさえ、別の種類の日本の奇跡を守り通してきた人々だ。”(3/18 日本経済新聞電子版より)

とありました。日本の競争力の源泉は、日本人そのものであり、その”彼ら”がいる限り、日本は戦後の復興のような奇跡を再び起こせるだろうという論調でした。

これからまだまだ、様々な面で厳しい状況が続くかと思いますが、こうした声を励みに頑張っていこうとただただ思いました。





2011/3/15
イオンレイクタウン店オープン延期につきまして
まずはじめに、この度の大震災で被災されました方々に、謹んでお見舞い申し上げます。

当店では、幸いにして人的被害もなく、商品倉庫も無事でした。

ですが、当初3月18日(金)に予定しておりました、イオンレイクタウンmoriへの出店は当面延期となりました。

オープン日程につきましては、現状検討中です。決定しましたら、当HPならびに育児ブログにてご報告させて頂きます。

緊急地震速報が携帯電話から流れるたびに、息子が走って抱きついてきます。こうしたこと見ても、今回の震災で、小さな子供たちの心にも少なからず影響があったかと思います。

甚だ微力ではありますが、子供たちの笑顔が一刻も早く戻るよう、当店従業員一同、誠心誠意頑張ってまいります。





2011/2/28
3月18日(金)レイクタウンに店舗オープン(仮)
久しぶりの更新となりましたが、今回は、店舗再オープンのお知らせです。

育児ブログでは既にお伝えしておりますが、3月18日(金)イオンレイクタウンmori3Fにリニューアルオープンすることが内定しました。

今回は、前回の商品ラインナップに加え、今年の新規商品や今までなかったヨーロッパ系の商品も取り入れていく予定ですので、お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

店舗がお休みのこの2カ月間で、ドイツ・ニュルンベルクの玩具見本市や玩具専門店、雑貨店等を見て歩き、魅力的な商品・レイアウトに触れてきました。

商品につきましては、輸入に当たっての手続きの障壁や輸送コストの問題など越えるべきハードルは高いのですが、すこしづつ勉強しなんとか”欲しい”と思った商品をご紹介できるよう頑張っていきたいと思います。

店舗レイアウト・ディスプレイに関しては、今回、販売用什器を変更することに伴い、より商品の魅力が引き立ち、商品の特徴が分かりやすくなるような形で組み立てられればと考えています。

現段階では、レイアウト案に対して、購入候補の什器をあてはめ、イメージを膨らませています。

実際は、キャラカートやベビーカー等の幅やお客様の動線と店舗のバランスを考えなければならないので、そううまくは行かないのですが、今の段階が理想を膨らませられるので、一番楽しい時期です。

あと3週間弱の期間、しっかりと準備をして万全の状態でオープンの日を迎えたいと思います。





2011/1/12
新年にあたり
もう2011年が明けて12日もたってしまいましたが、改めまして、あけましておめでとうございます。本年も昨年に引き続きご愛顧の程お願い申し上げます。

新年明けて2週間ということは、早いものでレイクタウン店の閉店から2週間。あの忙しかった年末が既に懐かしく感じます。

現在は、今春の実店舗(場所は交渉中)開店に向け、英気を養っている最中で、とにかく色々と出掛け感性を磨こうとしております。

来月にはドイツ・ニュルンベルクで開催される世界最大のおもちゃ見本市に赴き、可能であれば仕入れなどしてこようかと思います。

今までのKIDSLANDでは、日本でメジャーなヨーロッパ系の玩具(愛子様も使用されている)が少なく、主に日本製、東南アジア系の製品を取り扱ってきました。

今年の目標としては、やはり多くのお客様のニーズに応えられるよう(上述の愛子様使用のつみきのお問い合わせを多く頂きました)、ヨーロッパ系も取りそろえて行こうと考えております。

おもちゃ市につきましては、また後ほど、店長日記もしくは店長奥さんの育児ブログにて報告させて頂きます。



今年一年、皆様がご健康に過ごされますように。



2010/12/30
イオンレイクタウン店閉店
本日、契約満了にて、イオンレイクタウン店を閉店しました。

3月に出店してから、10か月、あっという間でした。そんな中でも思い起こしてみると、書きつくせないくらいの色々な出来事がありました。

正直、今は、まだ充実感というより、後片付けの最中ということもあって疲労感の方が強いですが、片付け終わった後のがらんとした店舗跡を見た時、やはりフッと寂しさがこみ上げてきました。

昨年の路面店舗に引き続いての催事出店でしたが、今回は期間が大幅に伸びた分、愛着はひとしおです。

来年の予定は、現在交渉中で未定ですが、ドイツ・ニュルンベルクで開催される世界最大のおもちゃ見本市に行ったり他店舗の研究など、充電期間をたっぷりと取り、春頃からは再度、実店舗をオープンさせたいと考えています。

ネットショップは引き続き、オープンしておりますし、店舗が忙しいことを理由にさぼっていました店長日記も、更新頻度を上げていきますので、今後とも当店を宜しくお願い申し上げます。

最後に
KIDSLANDレイクタウン店にご来店頂きました皆様ならびにご協力頂きました皆様、本当にありがとうございました。


2010/9/14
半年過ぎて
まだまだ残暑(というよりも引き続き酷暑ですが)が続き、秋の気配はどこへやらという感じですが、KIDSLANDは8月でイオンレイクタウンに出店してから半年が経過しました。

店舗を訪れて頂きましたお客様やイオンの方々、当店の従業員等に支えられて、なんとかかんとかやってこられました。

そんな中で一点きづいた事をつらつらと書いてみようと思います。

この半年間、周りの店舗の観察をよくしていたのですが、入れ替わりの激しいレイクタウンのなかで生き残っているお店というものは、なんといっても”臨機応変”、とにかくニーズの変化に敏感で頻繁に商品を入れ替え、新規のお客様を取り込むと同時に既存のお客様を飽きさせない努力がすばらしいのです。

場合によっては、店舗の半分の商品を一気に変えてしまったり、什器を動かしてレイアウトも柔軟に変更しています。

もちろん、商品の大幅な入れ替えにはメリットだけでなくデメリットもあると思いますが、”守り”では”攻め”の姿勢は見習う点もあるのではないかと思います。

そういった点で、当店は、木のおもちゃの特性上ならびに店舗面積の関係上、なかなか頻繁に商品の入れ替えが難しく、まだまだという感があります。

今後、クリスマスを迎えるにあたり、お客様のニーズに的確に応えるべく、まい進して参ります。

※文中でご紹介できませんでしたが、イオンレイクタウンでの出店期間が2010年12月29日まで延長となりました。引き続きのご愛顧の程お願い申し上げます。




2010/7/10
祝!2周年
お陰さまをもちまして、本日でKIDSLANDも2周年を迎えました。

(正確に言うと、運営会社である株式会社エル・ツー・ケイの設立記念日になります。)

2年前を思い起こすと、まだ当時は会社に所属しており、有給を消化しながら会社設立準備を行っていました。

会社設立の方法など、全くわからず、とりあえずHow to本を読み漁り、更には司法書士の友人の助けを借りて、何とか1回の修正(確か押印漏れ)で会社を設立することができました。

会社が登記された時の感動は今でもはっきりと胸に残っています。登記簿謄本と認証された定款を見て、何か大きな一歩を踏み出したような気がしました。

あれから2年、最近ようやく徐々に忙しくなり、充実するようになってきましが、まだまだやりたいことが形になっておらず、道半ばどころか、ようやく2歩目を踏み出したと言ったところでしょうか。(特に、店舗が忙しいということを言い訳に、最近はHPの更新がままならず、反省しているところです。)

店舗は、ご愛顧頂いております皆様のおかげを以ちまして、少しずつ商品も増えてきており、一つずつですが「こうしたい」と思うことを実現できてきています。

未だ確定ではありませんが、12月のクリスマスまでは営業を継続して行うことが濃厚となりましたので、今後も木のおもちゃの魅力が伝わるような店舗づくりを目指していきたいと思います。

少し外れますが、昨日ベビーフェアに出かけ、どうしても店舗に導入したい素晴らしい商品に出会いましたので、3年目のKIDS LANDにどうぞご期待ください。

※店舗の営業期間につきましては、正式決定後にHPにて告知させて頂きます。また、イオンレイクタウンmoriのメールマガジンでは、不定期で店舗の情報をお知らせしておりますので、併せてご利用ください。</font>


2010/6/10
雨の日はお家で楽しく乗用遊びキャンペーンのお知らせ
本日6月10日〜30日まで、”雨の日はお家で楽しく乗用遊びキャンペーン”と称しまして、乗用玩具&手押し車フェアを開催いたします。

特典としましては、

★期間中、乗用玩具&手押し車をご購入の方に木製おもちゃのプレゼント(2、3000円相当)

★店頭にて、乗用系玩具の展示商品を通常の2倍以上に大幅増加

となっております。

今回登場した展示商品に関しましては、店舗スペースの関係もありますので、当期間限定となる可能性が高いです。

乗用系玩具のご購入を検討中のお客様は是非この機会をご利用ください。

※乗用系玩具では、取っ手の位置や足が届くか届かないか、はたまたお子様が気に入ってくれるかなどの不安・疑問点が多いかと思いますが、この機会に試乗してご確認ください。</font>






2010/5/4
G.W.という名の魔物
G.W.も残すところあと1日となりましたが、今年ほど、G.W.というものの凄さを思い知らされたことはありませんでした。

イオンレイクタウンは、やはり面積日本一のSCだけあって、お客様の数が半端ではありません。特に5月2日の人出はすさまじく、kazeからmoriへの連絡通路が人で渋滞していました。

当然のことながら、通路のど真ん中にある当店も一時パニック状態に。従業員の数にも限りがあるなかで、全てのお客様への接客が難しい状態となってしまいました。

更に、事前にある程度予測を立てていたにも関わらず、品切れの商品が出てきてしまいました。原因としては、売れ筋商品で予想を上回る量がでてしまうことや、逆に、何故か、それまであまり売れ筋ではなかった商品が飛ぶように売れてしまったりすることです。(そのため、在庫が薄いのです。)

せっかく当店を訪れて頂きましたお客様には大変ご迷惑をおかけいたしました。この場を借りてお詫び申し上げます。

参考までに、現状の在庫情報です。

品切れ:KOROKOROパズル、TREEスロープ、レインボースロープ

品薄:無塗装つみき(大)、ワンダースロープ、ミッキーファーストシロホン等

総じて、スロープ系の在庫が少なくなってきています。
※在庫状況は随時変わります。

今回が初めての大型連休でしたので、この経験を次(シルバーウィーク、クリスマス)に活かしていきたいと思います。




2010/4/28
G.W.イベントのご案内
ずいぶんとご無沙汰になってしましたが、本日は、G.W.中のキャンペーン告知です。

G.W.中(4/29〜5/5)までは、シンプルに「こどもの日フェア」と題しまして、ご購入頂きました方に抽選で、素敵なおもちゃが当たります。

特当たりは、定価12,600円のBRIOダッチーです。そのほかにも、大当たり、小当たりとありますので、この機会にぜひ店舗までお越しください。

また、GW期間中は、レイクタウン全体でもキャンペーンを行います。専門店で500円お買い上げごとにスタンプが貯まっていき、豪華賞品が当たるというものです。(詳しくは、レイクタウンのHPをご覧ください。)

更に、4/29には、なんと花火もあがるそうです。(残念ながら、私はちょうどその日だけ所用で外してしまって、その場にいられないのですが・・・。)

と、G.W.中のレイクタウンは話題盛りだくさんです(おそらく混雑度合いもすごいと思われますが)ので、是非是非、湖のほとりまでおいで下さい。

最後に、少し近況を。3月にスタートしてから1カ月半強経ちましたが、カード決済の導入や新商品の入荷など、日々新しい事象が加わって落ち着きません。ただ、そんな中でも、リピーターのお客様がご来店くださったり、木のおもちゃの”良さ”に共感して下さるお客様のお言葉等、徐々に小売業の醍醐味を実感できるようになってきました。

残り、4ヶ月間、もっともっと素敵なお店にできるよう頑張っていく所存です。







2010/4/2
楽曲求む!
レイクタウンでの営業開始から1カ月。お店では毎日色々な事が起きています。

店頭には、2つのシロホンがディスプレイされているのですが、そのうちの1つ、ミッキーマウスファーストシロホンでは、機械で調律を行っているので、本格的な演奏が楽しめます。

お店に立っていると、お客様が思い思いの曲を弾いているのが聞こえてきます。少し興味があったので、弾かれている曲をメモしてみました。

一番多いのは、やはり定番ということで、チューリップの歌。ついでドレミの歌。ミッキーのシロホンだけあって、ミッキーマウスマーチもよく聞かれます。最近では、かえるの歌なども聞かれます。

珍しいところでは、TMNの「Get Wild」。これを聞いた時はおもわず拍手をしてしまいました。

やはり、童謡系がほとんどをしめるのですが、Get Wildのようなポップスうも聞いてみたいです。ですので、演奏に自信のある方お待ちしております。ちなみに、渡辺美里の「My Revolution」か「10years」を弾ける方、特にお待ちしております。

2010/3/20
あれから2週間
今日で開店から早2週間が経過していました。本当にあっという間の2週間でした。

この2週間、全てが新鮮で退屈する暇のない毎日でした。また、小売業は体力勝負だと改めて実感(やはり少し甘く見ていた節があったようです)し、自分の体力の無さに嘆いた日もありました。

課題も当然のことながら続出し、日々その対応策に苦慮しています。ただ、その分、今まででは得られなかったお客様のダイレクトな反応に触れることができ、充実した毎日になっています。

現状の課題としては、@在庫スペースの不足による欠品Aクレジットカード決済への非対応による利便性の悪さといった点が挙がってきています。

@については、開店当初に比べ、売れ筋商品のデータが蓄積されてきたため、在庫比率を変更することにより、ある程度解消されてきてはいますが、まだまだ完全に解消しきれたとは言えず、お客様にご迷惑をおかけすることがあります。今後、さらなるデータ蓄積と在庫保管方法の改善により、”欲しいものが欲しい時に手に入る”状態と保っていきたいと考えています。

Aについては、単価が高いこと並びにSC内ショップということも合いまり、クレジットカードでのお支払いをご希望されるお客様が多くいらっしゃいます。様々な事情から、現状は現金決済のみとさせて頂いており、その結果、お客様にご不便な状況を強いている状況です。クレジットカード決済を導入するためには、様々なハードルをクリアする必要があり、すぐに導入というわけにはいかないため、継続的な課題として検討させて頂きたいと考えております。ご不便をおかけいたしましたお客様におかれましては、誠に申し訳ございませんでした。

このようにまだまだ課題が山積している状態ではありますが、そんな中でも「お店中が宝の山だ」、「こんなの見たことない」等のお声を頂くこともあり、大変ありがたく、本当に勇気づけられます。

こうしたお客様のご期待を裏切らないように、今後とも全精力を持って頑張っていきたいと思います。

今後ともKIDSLANDを宜しくお願い致します。







2010/3/5
営業初日
営業初日は、やはりドタバタの一日でした。早朝の商品陳列に始まり、慣れないレジ打ち、久しぶりの接客と盛りだくさんでした。

中でも、接客に関しては、今後の課題がたくさん見つかりました。ひとつはレイアウトにも関係することです。

商品の良さを味わって頂くためには、やはり直接触ったり、遊んだりして頂くことが最良だと思っています。

そのため、店頭にはサンプルの玩具を置いているのですが、やはり、元気旺盛なお子様たちがおもちゃを持ったまま、店舗から遠く離れて行ってしまう事もあり、「如何に気持ちよく遊んで頂いて、かつ、適正に管理するか」。その線引きが難しいのです。

この辺りの勘所は、経験で身についていくことだとも思いますので、なんとか半年のうちにモノにできるよう頑張りたいと思います。

もう一つの課題は、声掛けのタイミング。お客様の思考や行動を邪魔せずに話しかけることの難しいこと。これも明日からずっと修行です。

毎日一つずつでも身につけていけたらと思います。

2010/3/3
決戦二日前
今日は朝から什器組み立てのため、レイクタウンへ。正味10時間びっちり働いてきました。組み立ての最中、アルバイト面接もこなし、いよいよ始まるという実感が湧いてきました。

イケアの家具は、それなりに(組み立て図しかなく、説明が一切ないのが悩みの種ですが)組み立てやすかったのですが、如何せん数が多く、左手にはきれいな血豆、右手の握力は箸を落とすほどになりました。

ただ、既製品を配置するよりは、店舗開店の実感度が増し、無事(1つさっそく壊しましたが。)終了した今は、組み立てでよかったと思えています。

明日は、いよいよ商品の搬入と什器配置。無事スタートラインにたてるよう頑張ります。





2010/3/3
我が子からの電話
今日は、オープン3日前ということで、義父に手伝ってもらい、現地(イオンレイクタウン)で什器を組み立てました。

あまり慣れない作業だったのですが、日曜大工好きの義父の的確な指示の基、予想よりも早く終えることができました。(といっても、まだ全行程の3分の1ほどですが。)

そんな中、先日1歳の誕生日を迎えたばかりの我が子から電話(しかもテレビ電話)がかかってきました。

作業中に義父の携帯がなり、「もしもし」と応える義父。しかし先方からは応答がないらしく、私が「誰からですか?」と聞くと、「娘からなんだけど。(私の嫁)」。

おかしいですねと携帯を義父の耳から話してよく見てみると、携帯のモニターの向こうで我が子が笑っているではありませんか。

今に始まったことではありませんが、携帯をいたずらするのが大好きで、先日も1Mほどしか離れていない私に電話をかけてきました。(補足しますが、もちろん偶然です。)

とにもかくにも、電話をかけているその笑顔がたまらなくおかしく、疲労で停滞していた場の空気が一気に和みました。

今日ばかりは、偶然でなく息子なりに気にかけてくれたのでしょうか。



2010/3/1
出店詳細決定
出店計画の詳細が決まりましたので、お知らせいたします。

【場所】
イオンレイクタウンmori3F フードコートの前にあるブリッジ

【出店期間】
2010年3月5日〜8月31日

【時間】
10:00〜22:00

最終的な什器レイアウトも決まり、現在は出店前の仕上げの準備を行っています。(先週は、結局3日連続でIKEAに通ってしまいました。)

今週の金曜日まで全力で走って、皆さんのお越しをお待ちしたいと思います。

2010/2/20
出店概要決定
ついに出店計画第2弾の概要が固まりました。

今回の出店先は、一昨年の秋にオープンしたイオンレイクタウンです。今回も一応催事出店ということで、通路と通路の間(橋の上。売り場面積自体は、前回とそんなに変わらない模様。)で、期間は3月から8月までの半年間です。

前回は、1週間ということもあり、アルバイトの方を雇わずに乗り切りましたが、今回は、半年間かつ営業時間が10:00〜22:00のため、さすがに求人をすることになりました。(現在も鋭意募集中ですので、ご興味のある方、当社までご連絡ください。)

今回の出店では、今までにない新商品(ディズニー系木製玩具等)も取り入れて行く予定ですので、お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

イオンレイクタウンは、店舗の長さが1キロもあり、映画館や多数(たしか560位)の専門店が揃っている日本最大級のショッピングモールです。

立地場所も、首都高・外環を利用すれば都内・近県からも比較的簡単にたどり着けますので、テーマパークに行くような感じでお越しください。

と、話は変わりますが、いまだ什器を探しています。ほぼ目処はついていて、最終段階にあるのですが、商品配置との兼ね合いで迷っています。オープンまで2週間。どんなレイアウトができあがるのか、自分自身でも楽しみです。





2010/2/1
店舗レイアウト&什器
年明けから続けている店舗探し続報です。

現在、大手SCさんと出店に向け協議中です。今回は、半年程度で、モール内の通路での催事出展となりそうです。通路とはいっても、面積がだいたい5坪くらいで、通路も取れそうなので、店舗の体は作れそうです。

更に、通路が両面(正確に言うと3方向)にあるため、店舗の視認率は高そうです。ですので、収益性の源となる集客の面でも非常に魅力的です。(試しに、お客さんの数を実測してみました!)

まだ詳細は、掲載できませんが2月の中旬くらいには本決まりになる予定ですので、またご報告したいと思います。

店舗の方向性が決まったところで最近の悩みの種が、商品を置く棚の選定です。昨日も、家具屋さんやホームセンターなどを中心に色々と見て回ってきましたが、なかなか”これだ!”と思うものが見つかりません。

高円寺で古本屋(正確にはブックサロンらしいのですが)を開業している友人に聞いてみたり、他店を見たりしているのですが、なかなか頭の中のイメージも整理しきれず日々悶々としています。

今日も、この後、上の友人に聞いた荻窪のアンティーク街に行ってみようと思ってます。

まだまだ悩み多き日々は続きそうです。

2010/1/21
SCビジネスフェア
ショッピングセンター業界関係者が集まるSCビジネスフェア2010に行ってきました。

会場では、遠く横浜は桜木町まで、電車で1時間ゆられて行った甲斐があり、色々なお話が聞けました。

フェアの出店者構成は、大まかに言って、@ディベロッパー(ショッピングセンターなどのいわゆる箱の保有・管理者)、A専門店、Bマッチング事業などの関連業者の3つに区分されていて、当然の事ながら@のディベロッパーエリアを練り歩いてきました。

現段階まででお話させて頂いているディベロッパーさんも出展されていましたが、その他、当店の希望に添いそうなSCを展開しているディベロッパーさんも複数あり、現状の空き状況や店舗構成等、参考になる情報を入手できました。

何分、店舗出店の初心者であるため、こうした生の情報に触れる機会はとても貴重で、非常に助かりました。

今度はもっと近場(せめて都内)で開催してくれることを期待しています。






2010/1/17
店舗探し放浪記
新年の目標にも書きました店舗探し。少しずつながら進めています。

昨日も候補となるお店を見学し、イメージを膨らませてきました。現状は、個店では難しい集客力に魅力を感じショッピングモールを中心に検討しているのですが、やはり、出店コストが一番の懸念事項となってきます。

大まかにいえば、出店コスト(賃料)は売上歩合タイプと固定費タイプに分かれます。更に、SCの場合だと共益費として上乗せされるというような形です。

店舗賃料は、もちろん店舗の広さによって決まってきますので、店舗面積×坪あたりの単価+共益費で総額が決まりますが、変数が3つもあるので、中々こちらの想定通りの物件を探すことが難しい状況です。

店舗タイプだけですと、上記のような状況になるため、通路上でワゴンタイプでのお試し出店など、様々な形態で出店の機会をうかがってみようと思います。

店舗探しの経過は逐次報告していきます。

2010/1/8
親の責任
育児ブログで記載されていますが、昨日から生後11カ月の息子が入院しています。

年末から体調を崩し、何度か病院に通った挙句、入院となりました。年末ということもあり、かかりつけ医にかかることができず、自治体の当番医を”はしご”することになり、結果、症状が長引く結果となってしまいました。

簡単に経緯を書いてみます。

@熱(39度程度)が出た翌日の朝に当番医である総合病院に連れて行き、気管支拡張の処置をうける。→自宅で様子見。状態が回復しなければ早めに次の当番医を受診との事。

A自宅療養後、回復しないので、@とは異なる当番医の総合病院を受診。→現状の薬で様子見との判断で、薬の処方なし。

B2日後、呼吸音が変化したため、更に別の当番医を受診。気管支拡張の処置をうける。→息子が元気なため、当面様子見で、ぐったりしたら総合病院で検査と入院をと勧められる。

C呼吸音が気になるものの、4日ほど自宅で様子見。薬が底をついたため、かかりつけ医を受診。→即、総合病院を受診すべしとのこと。

D総合病院での受診後、即入院。現在に至る。

点滴のために腕をぐるぐる巻きにされている我が子をみると、何ともいたたまれなくなり、”親としての責任”を痛感しました。

今回は、年末で上記のような状態だったとはいえ、やはり話すことができない幼子にとっては、親だけが頼りのはず。親として、自分が下す判断の重さを改めて実感しました。

幸い症状は回復してきており、1週間程度で退院できる見込みですが、今回の件を教訓に子供の体調管理には万全をつくしたいと思います。



2010/1/1
あけましておめでとうございます。
 2010年あけましておめでとうございます。本年もKIDSLANDを宜しくお願い申し上げます。また、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

 今年の第一日目は、あわただしく始まりました。育児日記に詳細が記載されていますが、一人息子が熱を出し、当番医に連れて行ったたためです。

 お正月といえば、結婚前は、ゆっくりと起床し、のんびりとお正月番組を楽しんだり家族・友人と出かけてたり、結婚後は、家内と初売りに出かけて行っていたのですが、病院から始まるお正月は初めての経験でした。

 その意味では、いい経験をさせてもらったなと思っています。(もちろん息子の病気は心配ですが。)

 話変わって今年の目標ですが、とにかく「動」の年にしたいと思っています。起業して1年と半年が経ち、そろそろ事業の方向性や基盤を固めていく年にしなくてはいけませんし、そのために今まで考えていた計画を実行に移す必要があるからです。

 まずは、やはり店舗探し。起業したきっかけは、”リアルな接客”ができる仕事がしたいことだったので、やはりこの点は第一にかなえていきたいと思っています。

 もちろん、長期的な視野に立ったうえでの短期的な目標という位置づけにしなければならないと思いますので、今後の展開等に留意しつつ、当初の目的を達成する第一歩にできればと考えています。(店舗探しについては、適宜、店長日記にて実況していく予定です。)

 とまあ、とにかく全力で今年一年走り抜けたいと思っておりますので、本年も昨年と変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
</font>


2009/12/31
2009年最後の日記
いよいよ2009年もあと2時間半で終わりとなりました。

個人的に今年の出来事を振り返ると、やはり息子の誕生がすべてであったような気がします。

2月に産まれてから、12月まで日々の出来事が全て新鮮で、また全ての出来事に悪戦苦闘し、あっという間に年末まできてしまいました。あと2カ月で1歳になるとは、本当に月日の経つのは早いです。

KIDSLANDに関しましては、やはり年末の店舗出店が大きな出来事となります。訪れて頂きましたお客様のお陰で、本格出店に向けた大きな一歩となりました。

とにもかくにも、例年のごとく、あわただしい一年となりました。

今年一年、KIDSLANDをご愛顧頂きまして、誠にありがとうございました。来年も引き続きKIDSLANDを宜しくお願い申し上げます。

2009/12/25
サンタでクリスマス
昨夜はクリスマスイブ。昨年に引き続き、当店の営業エリア限定でサンタサービスを実施しました。

今年は、特に女の子からの人気が高く、色々と話しかけられ、最後のお客様宅では、ハグまでしてもらいました。

一方、男の子の反応はというと、若干引き気味で、距離を置く子や泣き出す子がでる始末。もちろん年齢の差や、生活環境の違い等で一概には言えませんが、やはり男の子のほうが怖がりが多いようです。

昨年も思ったことですが、サンタさんの存在を純粋に信じている子供たちを見ていると、本当に幸せな気持ちになれます。来年は店舗出店をして余裕がなくなるかもしれませんが、可能な限りこのサービスは続けていきたいと思います。





2009/12/24
第七日
最終日は、祝日という事もあり、大勢のお客様にお越し頂きました。前日に予想していた売り上げが落ち込んだ理由がBだったのかもしれません。

今回のお客様の流れを考えてみると、いろいろと見えてくるものがありました。

やはり店舗、特に今回のような臨時店舗では、内装にこだわることが難しいため、入りやすい雰囲気を作りだすことに制限がかかってしまいがちになります。

そのため、誰もお客様がいない時間帯とお客様がいっぱいの時間帯とがはっきりしてしまい、(誰かが店舗にいるとそれだけで入りやすい雰囲気が生まれるため。逆もまた然り。)結果、供給側(労働力)が追いつかず機会損失を生んでしまうということがしばしばありました。

需要(お客様)と供給(労働力)のバランスを均一にすることは小売業の永遠の課題なのかもしれませんが、やはり上記のような状態を極力防ぐためには、常に入りやすい雰囲気の醸成(=需要の分散)や時間帯分析による柔軟な労働力供給体制が必要となってくるように思います。

とまあ、色々と考察も得られましたが、純粋に実店舗を運営してみて、とにかく楽しかったです。

やはりお客様と直接やり取りをして、時に世間話をしながら、充実した時間が過ごせることに大いに幸せを感じることができました。

この”楽しさ”を忘れずに、来年の目標である本格的出店につなげたいと思います。

今回、ご来店頂きましたお客様、誠にありがとうございました。





2009/12/22
第六日
今日も昨日ほどではないにしろ寒い一日でした。(平年並みだそうですが。)

今日は昨日と一転して、お客様の来店が少ない一日となりました。

原因を簡単に考えてみると、@そろそろ新聞広告の効力が切れるAそろそろ辺りの需要を満たしてしまった(六日目で店頭を通るお客様への認知がとりあえずは広がった)、B「明日が休日ということで、どうせなら明日行こう」(楽観的考えですが)等々が思い浮かびますが、どれも決定打とはならなそうです。(そもそもが1週間という短期の”波”を追ったところで意味のないことなのかもしれませんが。)

とりあえずは、Bであることを祈りつつ、期待を胸に最終日を迎えたいと思います。



2009/12/21
第五日
2週間ほど空いて、第二回目の出店第1日目。

今日はなんといっても寒かったです。2週間でこれほど変わるかというほど冷え込みが厳しく、完全開放している店舗では暖房が全く効かず、”芯から冷える状態”でした。

ただ、そんな寒い中にも関わらず、友人を始め、新規・既存のお客様が訪れてくださり、前回の第一日と同程度の売り上げとなりました。

さすがに今回は、クリスマス直前期間ということもあり、売上減を予想していましたが、クリスマス用だけでなく、お正月用やお誕生日用のプレゼントをご購入される方が多く、上記の結果となりました。

当店のネット注文は峠を越したような動きとなっていますが、実店舗ではまた違ったものとなり興味深く推移を分析しています。

とりあえずは来年度の本格的出店を目指し、いろいろな観点で観察してみたいと思います。

2009/12/11
第四日
やっぱり大変でした最終日。搬出期限が21:30までと決まっているため、;余裕を持って作業を始めたのですが、搬入の際組み立て前だったラックを組み立てたまま積んでしまった事もあり、まるでパズルのような作業となってしまい、想定以上に時間がかかってしまいました。

結局、一台では入りきらず、もう一台を急遽準備して、何とか5分前に作業を完了することができました。

今回のお試し出店では、今まで見えなかった事が色々と見えてきて、今後の会社経営に大きな影響を与えそうです。

何事も”百聞は一見にしかず”ということでしょうか。

次回は、12月21日からの3日間。クリスマス直前ということで、すでにプレゼントを買われてしまっているお客様が多いかもしれませんが、色々と試して頑張ってみようと思います。

2009/12/9
第三日
第三日目の今日は、午前絶好調、午後不調でした。

今日は3日間の中では、一番天気が悪く、気温も低かったので、全体的にお客様の数が少なかったような気がします。

ただ、昨日と同様、20時を過ぎてからお客様が多くいらっしゃり、時間延長の甲斐がありました。

明日は、第一回目の最終日。後片付けの心配(9時半までに退店)が先にきてしまいますが、とにかく頑張るだけです。

2009/12/8
第二日
今日も一日晴天で気持ちのいい一日でした。お客様の入りも、昨日同様といった感じでした。

ただ、昨日と異なる点は、閉店準備をしていたところ、次々とお客様がやってきて、あっという間に店内が満員になってしまいました。

昨日は、19:30閉店にしたのですが、今日は20:00まで開けていたところ、会社帰りの男性の方が多く来店されました。

駅前立地ということもあり、今日も少し遅くまで営業してみようと思います。

昨日は、売り場レイアウトで悩みましたが、今日は、在庫&仕入れタイミングにてんやわんやの一日でした。

やはり、実店舗では当然の事ながら、商品を即受け渡しするため、商品の回転が予想以上に早く、一部の商品では在庫切れ状態になってしまいました。

そのため、一度事務所に戻り、メーカーさんに発注をかけたのですが、昨日は、それが3度ほど発生してしまいました。

本来であれば、余裕を持って発注をすればよいのですが、在庫が過多になると保管スペース(おもちゃは大型の商品が多い)やデッドロスといった問題が生じるため、バランスが難しいのです。

これは、もちろん経験則とデータ蓄積でしか解決できないと思いますので、徐々に慣れていこうと思います。




2009/12/7
第一日目
第一日目が無事?終了しました。本日の営業時間は、A.M.10:00〜P.M.7:00まで9時間でした。

お客様の入りは、月曜日ということを考えれば、まずまずでした。友人や、家族の応援隊もあり、活気づく時間帯も多々ありました。

実店舗運営が初めてということで、一番の悩みどころは売り場レイアウトでした。特に、バックヤード(在庫置き場)を如何に隠すかという点については、結局解決ができず、レジ裏にシートをかぶせておきました。かなり格好が悪いので、明日は何とかスッキリさせたいと思います。

さすがに昨日の深夜の搬入から、早朝の準備、店舗運営とで少々寝不足&疲労感ですが、夢の第一歩の期間限定営業を楽しみたいと思います。

</font>
2009/12/1
いよいよ
店舗出店の期日が迫ってきました。ここ2週間ほどは、店舗用の什器やPOP作成、商品発注となかなか忙しい日々を送っております。

特に、広告(新聞折り込み)作成と配布依頼には時間と手間がかかり、スケジュールを合わせるため、残業が続いてしまいました。(サラリーマン時代を思い起こせば、軽いものですが。。。)

とにかく、本格的な実店舗の出店は、初めての経験ですので、やることなすこと手探りで、正直、何が正しいのかを検証できる術を持っておらず悪戦苦闘です。

全て終わった後に、色々な観点から検証を行おうとは思いますが、今はただ突っ走るのみです。

と準備自体は、頑張れば何とかなるのですが、どうにもならないのが天気とお客様の流れ。お客様の流れは、広告やら何やらで作り出すことができるのではないかとも思われますが、やはり、昨今の不景気がどこまでお客様の消費意欲に影響を与えているかが懸念材料です。

なにはともあれ、どうしようもないことを気にしていても始まりませんので、とりあえず人事を尽くし、天命を待ちたいと思います。

※ネット店舗で取り扱いのない商品も展示しますので、是非一度お越しください。

【店舗詳細決まりました】

日時:12月7日(月)〜12月10日(木)
   12月21日(月)〜12月23日(水・祝)
各日とも10:00OPEN

場所:JR川口駅東口 
    川口そごう裏 樹モール内 マクドナルドから20Mくらい

== イベント内容 ==
 @購入された方全員におもちゃプレゼント(結構豪華です。)

 A素敵なおもちゃが当たる抽選会実施(「ネットを見た」とお伝えください。抽選はおひとり様1回までです。商品がなくなり次第終了となります。


 Bクリスマスラッピング無料

 C赤ちゃん写真展

 D赤ちゃんスペースでお試し遊び

お問い合わせ:048-223-3070


2009/11/5
【告知】お試し出店(12/7〜10、21〜23)
かねてから実店舗への展開を考えておりましたが、今回、合計1週間だけ実店舗での営業を行うこととなりました。

詳細は未定ですが、クリスマスプレゼント用の商品を取りそろえようと考えています。

【概要】
 ・出店期間:12月7日〜10日
         12月21日〜23日
 
・出店場所:JR京浜東北線川口駅東口 樹モール内

詳細が決まりましたら再度HPでお知らせいたします。

素敵なおもちゃの抽選会など、楽しい企画も行う予定ですので、お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。
2009/10/31
親ばか
今日はハロウィンパティーを我が家で開催(詳細は育児ブログで)したのですが、今更ながら自分の親ばかぶりに気付かされました。

パーティーの最中に我が息子を抱っこしている際、自然と我が子を主人公にした替え歌を口にしていることを友人に指摘されました。

実際、息子を主人公にした替え歌はかなりあり(アンパンマン、ポニョからグリーングリーンまで)、最近ではそちらの歌詞しか思い浮かばなくなりました。

息子との生活が長くなるにつれ、日増しに親ばかぶりが増していっている気がしますが、反抗期が来て親離れする日までこのままでもいいような気がする秋の頃です。
2009/10/25
受験
私事ではありますが、今日、とある国家資格の試験を受けて参りました。

長男が生まれてから勉強を始め、早8ヶ月。大学受験以来の本格的な試験勉強をこなし、とうとうこの日まで。

受け終えた感想としては、5分5分といったところでしょうか。合格発表まで1カ月とちょっと。

まだまだ眠れない日々が続きそうです。

2009/10/7
店舗リサーチ
最近、事務所の近所の空き店舗にベビー服店が入居しました。

広さは、おそらく10坪いかない程度で、商品数も少なめと”ブティック系”の店舗です。

駅の目の前&カフェの隣なので、人通りはそれなりにあり、現在、路面店かインストアショップかで迷っている私にとっては、非常に参考になるお店です。

ターゲットとしても少しニッチを狙っているようなので、その点も商品ジャンルは違えど、似ている点があるため、店舗の入り具合等、参考になる点がありそうです。

実際、開店から状況を追って、そうしたことを観察できる機会は少ないので、適宜チェックしてみようと思います。

特に、路面店は集客が一番の課題となると思われますので、駅前立地の中での、プロモーション活動(新聞チラシ、店頭POP、店頭閑地など)に注目して、その結果の入り具合を確認してみようと思います。

★★★★★★★★★★★★★★
非常に強い台風が近づいてきましたね。中心付近の風速がいまだ45メートルということで、ただでさえ風の強い弊社事務所の環境が更に悪化する可能性があり、戦々恐々しています。何事もないことを祈るばかりです。



2009/9/30
店舗レイアウト
今日は、妻の買い物につきあいつつ、店舗視察をするために、入間にある三井アウトレットパークに行ってきました。

会社を興してからの夢でもあった、実店舗を来年オープンさせることを目標に、この頃は店舗見学を行っています。

最近は、ベビー業界においても従来型のベビー服やおもちゃなどの物販だけでなく、先日育児ブログでも紹介しました「お子様ランチ食堂」や「ママカフェ」等、新たな業態が次々と切り開かれています。

もちろんのこと、それぞれの業態で店舗のスタイルも異なり、色々と勉強になることだらけです。

今日のモールでは、主に雑貨屋さんを見て回ったのですが、やはりレイアウト(棚や商品陳列)には気を配っていて、店内をぐるりと回遊させられてしまいました。

今回は特に照明に注目してみました。アウトレットモールや百貨店内のインストアショップでは、入居している店舗全体のコンセプトに合わせる必要もあり、中々独自の照明戦略をとりずらいのですが、
今回見学したお店では、商品の傘を使用して意図的に店舗の照度を落としたり、ダウンライトを効果的に使用して商品を目立たせていました。

まだまだ、勉強不足で自分の理想とする店舗像が不完全な状況ではありますが、これからもモールや路面店舗を巡って徐々にイメージを固めていければと思っています。

※ベビー関連でこんな珍しい業態がある!などの情報があれば、是非お教えください!

2009/8/31
これから
昨日の衆院選で民主党が大圧勝しました。

来月中ごろには、新政権が誕生する予定ですが、これからの日本はどうなっていくのでしょうか?民主党が掲げているマニフェストの達成工程に注目していきたいです。

特に、子育て支援対策(給付金等の"支出政策"と扶養控除の廃止等の"収入政策"のバランスなど)や道路関連(高速無料化、ガソリン税における暫定税率の廃止と環境対策とのバランス)、社会保障政策(おもに年金制度改革)における動向は逐次チェックしていきたいと思います。

上での注目ポイントでもあるように、やはり選挙前から言われていた財源の観点から今後どういった方法で改革を成し遂げていくのかが、少し不安でもあり、楽しみでもあります。(現状は、どちらかというと懐疑的ですが。)

また、今回の選挙で惨敗した自民党も早急に体制を立て直し、抑止力としての役目を果たしてほしいものです。

すべてにおいて完全無欠な政権運営というものは難しいでしょうから、せめて永田町の論理ではなく、"良識ある民意"を意識することだけは忘れず頑張ってほしいと思います。


2009/8/19
文才とは?
世間は総選挙の話題一色となってきましたが、今日の日経1面に面白い記事を見つけました。

客員コラムニストの田勢康弘氏の記事なのですが、”冒頭に「自民党には大いなる不満」、「民主党には大いなる不安」という印象をそのまま残しながら、政権交代の是非をかけた天下分け目の衆院選が始まった。”とありました。

今回の選挙は子育て支援や安全保障など色々な争点があり、なかなか我々国民にはわかりにくい感が否めません。(政治家の方々も国民ですが。)

そんななか、今回の選挙に対する外観を「自民党には大いなる不満」、「民主党には大いなる不安」とスパッと切ってしまえる技術に驚きました。

おそらく長年培った経験と氏に備わる”文才”とが混ざりあってこうした表現になるのでしょうが、冒頭のこの数行だけで、記事に引き込まれてしまいました。

店長日記や広告のキャッチコピーを書いている際にも多々思うのですが、他人に理解してもらう文章を書くことはとても難しく、常に悩みの種です。

文章力というものは、一朝一夕では身につかないものですし、今日の記事のような自分が一瞬で感銘できる文章にめぐり合うことも、なかなか無いような気がします。

ですので、今日のようなめぐり合いを大切にし、日々”文才”を磨いていけたらと思う次第です。

2009/7/18
東京おもちゃショーに行ってきました!

今年も行ってきました"日本最大のおもちゃ見本市"東京おもちゃショー。

去年は、初めての経験で多少戸惑った部分も多かったのですが、今年は、年末商戦に向けたテーマを持ってしっかり見て回ることができました。

今年の特徴は、昨年ブームとなったクッキングトイが更に拡充され、各社とも新製品を続々と投入してきました。

もう何でもおもちゃで作れてしまうのではないかと思うくらい多様で、定番のパン、アイスクリームをはじめとして、ぎょうざ、クレープ、わたあめ、チョコレートフォンデュなど、本格的おもちゃが並んでいました。

更に今年は、クッキングトイ+キャラクターという組み合わせも見られ、とくにアンパンマンなどとのコラボが印象に残りました。

アンパンマンは、昨年以上に目につき、そのバラエティの多さには驚かされます。アンパンマンの場合、子供目線からだけでなく、おじいちゃん/おばあちゃん、お母さん/お父さんと幅広く受け入れられていることが理由のようです。

一方、我社の主力商品群である木製玩具はというと、やはりというべきか、昨年とほぼ出展メーカーも変わらず、新商品も限られるといった状況です。

一般おもちゃに比べると、年齢層の幅に制限があり、かつ、単価が多少高いということが大きく影響しているようです。

ただ、そんな中でもいくつか気になった商品や、新たなメーカーさんも発掘できましたので、今年の年末までには間に合わせていきたいと考えています。

一日歩き続けたのと、歩くごとに増えていくパンフレットのため、翌日には筋肉痛になりましたが、充実した一日となりました。

今日からは一般公開が始まりますので、皆さんも是非お出かけになられては如何でしょうか?



2009/7/10
祝!1周年
今日で会社を設立してちょうど1年が経過しました。

昨年の今頃は、まだサラリーマン中で、有給を利用しながら、会社設立手続きに奔走していました。

時間軸の"点"で考えると、あっという間だったなというくらいの思いしかありませんが、よくよく振り返ってみると非常に密度の濃い1年だったような気がします。

外部的には、会社設立してすぐにサブプライムローン問題を契機とした”100年に1度”の大不況の到来。

幸いにして、開業当初で運転資金に関しては余裕のあった我社は、あまり影響をうけませんでしたが、消費不況の影響による潜在的な機会損失も少なからずあったのではないかと思います。(そもそも対前年比などの指標が取り得なかったため、影響を判別するツールすら持ちえませんでしたが。)

会社内部に目を移すと、日々の会計処理に始まり、年末調整、決算処理と実務では経験したことのない業務に苦労しました。

いずれ外部に委託することになるとは思いますが、会社を設立した以上、やはり一通りはすべて自分で経験したいと思い、インターネット&書籍&人脈をフル活用し、なんとか乗り切りました。

プライベートでは、第一子が誕生し、今までの生活が一変しました。睡眠不足は当たり前で、最終的にはソファが寝床になりました。(息子との生活は、"店長奥さんの育児ブログ"で好評?連載中です。)

とまぁ、ここで挙げた以外にも色々とあったのですが、この一年で得たものをプラスして、これからの1年のベースとして雪だるま式jに成長を遂げていけたらと思う次第です。

9月には創業祭を予定(KIDSLAND自体の開店は昨年9月です。)していますので、ぜひご期待ください。

今後ともKIDSLANDならびに株式会社エル・ツー・ケイをよろしくお願い申し上げます。





2009/6/10
家族の証

久しぶりに風邪をひいてしまいました。最初は、家内が喉が痛いと言い出し、近所の内科で診察を受けてきたのですが、"軽症"とのこと。

ならばうつされる心配もないだろうとたかを括っていたのですが、見事に、次の日、私の喉が痛くなっていました。

会社員時代に、よく「妻から風邪をうつされた」と言っている上司の言葉を聞いて、そんなに簡単にうつるものかなぁと訝しげに思っていたのですが、今回やっと実感することができました。

何となく家族の証が増えたみたいで、少しホンワカとした気分になりました。

とはいえ、我が家には生後間もない息子もいるので、呑気に構えてもいられないのですが。(まぁ、我が家のジャイアントベービーには病気も逃げ出すような気がします。)

息子には大人になって家庭をもってから"家族の証"を手に入れてもらおうと思います。



2009/5/21
決算確定!
今日、やっと第一期目の決算を確定しました。何分はじめての事で、しばらく書類とにらめっこの日々でした。

まずは、外注せずにすべての業務を経験しようというモットーがありましたので、インターネットで情報をあさり、拙い簿記の知識をフル活用して何とか税金納付まで完了しました。

会社員時代にはわからなかった税金の仕組みがわかり、また、「税金納めたぞー」という"実感"を獲得することができました。

終わってみて、整理してみると意外と難しくないなぁと思ってしまいました。(もちろん日々の帳簿付けがあっての前提ですが。)

とりあえず、これからも会社員時代には経験できなかった新たな業務に関しては、"まずはやってみる"の精神で頑張ってみようと思います。

※店長日記も間が空かぬよう更新するよう努めてまいります。


2009/4/19
気がつけば
桜が散り、もう既に初夏の匂いが漂っています。開業をしてから、8か月程度、会社員だったころと比べて季節の移り変わりに少し疎くなったような気がします。

もちろん、小売業という仕事柄、季節に合わせたキャンペーンなど、形式的には敏感になっているのですが、仕事帰りの風の温かさや桜の花の散り具合など、自分の皮膚感覚で味わう機会が少なくなっているのです。

会社員時代は、会社と自宅の位置関係が決まっているので、”何かが通常と違う”ことに気付きやすいのですが、事務所から出ない日や自宅で仕事をしっ放しの日々を過ごしている現在では、それを感じることが難しくなってきているような気がします。

よく海外と比して、日本の素晴らしさを現す際に、四季の美しさが挙げられますが、みすみすその美しさを見逃すことのないように、出来るだけゆとりを持って日々を暮らしていけるように気をつけていきたいと思います。
2009/4/2
さくらの季節
東京に桜の開花宣言が出されてから、もう10日以上がたちますが、一向に満開になる気配がありません。

よく花冷えとか花散らしの雨など言いますが、今年の花冷えは例年のそれとは比べ物にならないような気がします。

ここ1週間の低温に加えて、昨晩からの大雨&強風。桜の木は持ちこたえることができるのでしょうか。

明日は、最高気温が17度まであがり、そろそろ本当の意味でのお花見日和がやってくるそうですが、
今年のお花見はタイミングが非常に難しそうです。

桜の花が、一瞬の隙を縫って開花するように、我々日本人も、その一瞬の隙を逃さぬようにお花見をするところに風流を感じる今日この頃です。



2009/3/24
サムライJAPANやりました!!

韓国を破って、悲願のV2達成です。試合展開は、本当にシビレルもので、同点に追いつかれた9回の裏には両手を固く結んで祈っていたため、右手の小指を痛めてしまいました。

3年前の決勝戦でも思ったことですが、こんなに面白い野球の試合は他では味わえないような気がします。

五輪よりもメジャーが解禁(全てではないですが)されるWBC。真のプロフェッショナルベースボールが体感できるからだと思います。

今度は4年後。マー君やダルビッシュが主力となるであろう第三回大会も大いに期待したいところです。

2009/3/24
決戦前夜
ついにWBC決勝戦がやってきました。大会前は、2連覇は難しいだろうと思っていましたが、あと一つというところまでやってきました。

今日のアメリカ戦、韓国以外には初めて得点を許し、2度勝ち越されるという厳しい序盤でした。

やはり、松坂を「知っている」打線だけあり、簡単にはストライクが取れず、甘くなったところを狙い打たれていました。

ですが、チームとして調子がいい時は、ピッチャーが悪いときほど、打線が助けるもので、今日は本当によくヒットが続きました。

アメリカのチーム防御率が6点台とはいえ、重圧のかかるこの一戦で、よくそ繋げてくれたと思います。

明日は、いよいよ決勝、しかも韓国と5度目の対戦。いまだかつて、どんな競技を見渡しても、同一チームが同一大会で、5度も対戦するなんてことがあったでしょうか?

前回に引き続き、今大会の対戦方式にも大いに疑問が残りますが、とにかくあと一勝すれば”世界一の称号”が手に入りますので、必勝を祈願したいと思います。

明日は、やはり岩隈を始めとしたピッチャー陣がどこまで我慢できるかがカギを握るような気がします。

とにかく先制点が取れることを祈りつつ、今日のところは眠りにつきます。


2009/3/21
内海の憂鬱
WBC、昨夜の順位決定戦は、両チームともある程度の調整を兼ねた試合でしたが、日本の快勝に終わりました。

その中にあって、今大会初登板の内海にとっては苦い経験になりました。初回、韓国打線に捕まったことに関しては、今後の貴重な経験になったとは思いますが、問題は、3回に頭部へデッドボールしてしまったことです。

デッドボールの後、明らかに調子を崩し、すぐに交代となってしまいました。あと2週間足らずで開幕するシーズンに影響がでないといいのですが。

昨日の試合では、残念なことがもう一つ。主砲の村田が負傷してしまいました。一時調子を落としていましたが、この試合では、2第数2安打と復調の兆しが見えていただけに本当に悔やまれます。

ただ、本人が一番悔しいはずなのに、最後の「体を張って日本代表に貢献した。あとは皆に頑張ってほしい。」というコメントには「サムライ」を感じました。

兎にも角にも残り2試合。何としても勝ち上がって欲しいものです。





2009/3/20
完勝!
岩隈が期待に応えてやってくれました。昨日の韓国戦の嫌なムードを見事に断ち切り、スカッとした勝ち方でした。

明日は、4度目の韓国戦。今大会初先発の内海のできが鍵を握りそうです。

打線の方は、準決勝に向けた実戦練習という感じで少し気を楽に頑張ってもらいたいです。

ベネズエラ、アメリカともに強敵ですので、勝敗はともかく、内容のあるゲームを明日は期待したいと思います。

(WBCが終了するまで、店長日記はしばらく野球の話題になりそうです。)
2009/3/19
あぁ無常
今日は残念なことが一つありました。おそらく大勢の野球ファンが落胆した日となったことでしょう。

そう、WBCの日韓戦で敗れてしまいました。初回、ダルビッシュの立ち上がりを攻められ、まさかの3失点。結局、この3点が重くのしかかることに。

ただ、野球では、3点くらいまでならピッチャーの責任ではないといいますから、やはり今日はバッティングに敗戦の原因を求めるべきでしょう。

ヒット数で上回りながら、なかなかつながらない。進塁打さえ打てない状況でした。

結果だけをみると、イチローも本調子ではないようですし、ホームランが少ないのも気になります。

明日のキューバ戦は総力戦となると思われますが、松坂、ダルビッシュの2人を欠く投手陣でなんとか強力打線をしのぎ、サムライらしく切れ味のあるバッティングで切り裂いてもらいたいものです。

2009/3/15
幸せな時間
今日ふと店長日記の更新が止まっていることに気づきました。

ここ1週間は、我が子が家内の実家から我が家に帰ってきたこと、それに伴う行事(1ヶ月検診、お宮参り)に加え、注文・配達が急増したため、あっという間に過ぎ去っていきました。

さらには、花粉症がピークを迎え、夜も眠れず、日々疲労困憊となってしまいました。

と言い訳を並べてみましたが、やはり言い訳に過ぎないため、これから心機一転、継続的に更新していきたいと思います。

話は変わりますが、やはり家族が一人増えるということは大変なことと感じます。新生児は、当たり前ですが、一人では何もできないため、すべてが赤ちゃん中心となります。

お風呂の時間にしても、食事にしても今までの生活とは180度変わってしまいました。

もちろん大変な分だけ、楽しい時間も増えました。赤ちゃんの表情は、常に変わり続けるので、見ていて飽きません。仕事すら忘れてしまうほどです。

これから夜泣きも始まり、大変な時期が続くかと思いますが、その分幸せなんだと言い聞かせながら頑張っていきたいと思います。



2009/3/4
こんにゃくゼリー

今日のニュースサイトで、こんにゃくゼリーを喉に詰まらせて亡くなったお子さんについての損害賠償請求を行ったという記事を見かけました。

以前からこんにゃくゼリーについては、子供やお年寄りには危険が伴うということで話題にはなっていましたが、今回またワイドショーを賑わせそうです。

この問題、双方に言い分はあると思いますし、一概には善悪で判断できないと思います。ただ、このニュースを見て一番感じたのは、”企業としての責任の重さ”です。

今回、製造元であるマンナンライフ社は、「真摯に対応していきたい」とのコメントを発表しています。

企業としての責任をキチンと果たすという意味でとらえましたが、私は、企業として製品をお客様に届けるに当たっては、メーカー・卸・小売それぞれが十分な責任を負う必要があると考えています。

(先にも述べましたように今回の件では、どちらが悪いと一方的に判断する性質のものではないと考えていますが。)

当店は、特に乳幼児のお子様を対象とした玩具を販売していますので、特に”安全性”に対する責任は十分に果たしていかなければならないと改めて実感しました。

(当店の安全対策としましては、基礎的なことですが、対象年齢ならびに使用方法の順守をお客様に訴えていくことを徹底してまいりたいと考えています。)

マンナンライフ社もゼリー形状の改良やパッケージへの注意事項の記載等、対応を行ってきていたそうですが、やはりこういう事態になると、より一層の対策が求められてくるのではないでしょうか。

こんにゃくゼリーについては、前回話題に挙がった際には、自主的に一時販売停止を行いましたが、消費者からの復活要望を踏まえて販売を再開しています。

今回は、PL法上の企業責任範囲など、どういった結論になるのか、今後の動向に注目したいところです。


2009/2/28
大雪

今日は久しぶりに雪が降りましたね。しかも途中かなりの本降りに。

妊婦ブログでも書かれていましたが、雪が降るとやはりワクワクしますね。これは、雪の比較的少ない地方に住む人の感情なのでしょうね。

北海道や新潟などの豪雪地帯で育った人たちは、やはり少しくらいの雪ではビクともしないでしょうし、逆にネガティブな感情もあったりするのでしょうか。

ともかく、雪の少ない地に生まれ育った私は、今日のような全く積もらないような雪でも、一日を気分よく過ごす理由としては十分でした。

来週も少し降る可能性があるみたいですし、今年はスキーに行く機会がなかったので、”都会の雪”を少しでも堪能しようと思います。



2009/2/26
花粉症の季節がやってきました

突然ですが、花粉症がつらいです。花粉症を発症したのは、もうかれこれ10年前くらいになります。

その当時、最初は症状から単に風邪をひいたのかな?くらいに思っていたのですが、目が異常に痒くなり花粉症と自覚しました。

以来、毎年この時期になると鼻はつまるし、喉は痛いし(鼻呼吸ができないため)、目は痒いしと3重苦に悩まされています。

特に会社員時代は、お客様の会社に常駐することも多かったため、対策に気をつかうことも多かったです。

あくまでお客様の会社なので、あまりに露骨な対策(ゴーグル&立派なマスクなど)をとることもできず、ただただ鼻をかんでいました。

新入社員の時には、見かねたお客様が会社(ちょうど製薬会社でしたので)の医務室に案内してくださり、薬(一般薬ですが・・・。)をいただきました。

花粉症は現代病といいますが、未来はいったいどうなっているのでしょうか?早く根源治療法が確立されることを切に願っています。


2009/2/24


今回は、もうそろそろ4月ということで、保育園・幼稚園の入園お祝いに最適のおもちゃをご紹介します。

このミッフィーもじあそびは、ひらがなはもとより、カタカナ、ローマ字、数字といっぺんに学習できる木製玩具です。加えて、書き順も一緒に学習できる優れものです。

子供たちが大好きなミッフィーテイストの絵柄が描かれているので、無理なく楽しく学習できるのも大きなポイントです。

最近では、こうした学習おもちゃも高機能化が進み、音声機能付きのものなど多数が出回るようになりました。

ですが、当商品のような積み木のように遊びながら学べる昔ながらの木製おもちゃもまだまだ捨てたものではないと考えています。

というよりもむしろ、視覚、聴覚(自分や親御さんの読み上げ声)だけでなく、触覚(木の温もり)、嗅覚(優しい木の香り)を楽しみながら学習できる木製おもちゃは、近代的な学習おもちゃに勝る面も多いのではないかと考えています。

特製の木箱もついて贈り物用にもピッタリのもじあそびセット、お一つ如何でしょうか?

■商品名:ミッフィもじあそび
■メーカー:ニチガンオリジナル
■対象:3歳以上
■製造:日本


2009/2/18
日本の周産期医療について

今朝の特ダネで、日本の周産期医療についての特集を組んでいました。

それによると、現在、赤ちゃんの集中治療室であるNICUの数が不足していて、且つ、それらを操る医師の数も足りていないという現状があるようです。

番組の中では、満床のためNICUに入れず、大切な赤ちゃんを亡くした方達のお話も紹介されていました。

ここ数年(数十年?)は、医師の小児科離れが話題となっていますが、特に最近は、乳幼児(妊婦含む)に対する医療体制の不足が鮮明になってきているような気がします。

こうした現状を打破するために、政府には是非とも頑張ってもらいたいです。

明確なポリシーに基づいた適正な予算配分を通して、現場の抱える課題をひとつづつ解決し、安全な出産・子育てができる環境を作ってほしいと切に願います。

少子高齢化が問題となって早数十年、こうした周辺環境を地道に一つづつ整備していくことが、活力ある社会の形成につながっていくのではないでしょうか。


2009/2/11
たしかなこと

突然ですが、最近、小田和正の楽曲「たしかなこと」にはまっています。

以前からCMでも耳にしていて、心地よい曲だなとは思っていましたが、最近特に歌詞に魅力を感じるようになりました。

CMで流れている♪時を越えて君を愛せるか〜♪のフレーズも大好きなのですが、そのあとに続く、♪いちばん大切なことは特別なことではなく ありふれた日々の中で君を 今の気持のままで見つめていること♪という箇所にも魅かれています。

この歌を聴くたび、一昨日誕生した自分の息子と結びつけてしまいます。

もう少ししたら、息子にもこの歌を聴かせようと思います。
2009/2/9
生命誕生の神秘

店長奥さんの妊婦ブログでもお知らせしていましたが、今日、我が家の第一子が誕生しました。(私事で大変恐縮ですが。)

詳細は、明日以降の妊婦ブログで語られると思いますが、とにかく忙しい一日?(ニ日?)でした。

まず、本日のA.M.2:00頃に陣痛と思われる痛みが発生し、奥さんが苦しみ始めました。陣痛の間隔は、だいたい15分程度。

その後、徐々に間隔が狭まっていき、朝の5時くらいには10分を切るくらいになりました。そこで初めてかかりつけの病院に連絡。→まだ間隔が長いため、もうしばらく様子見との返答。

朝の8時ころには、陣痛の間隔が6分程度になったため、再度電話連絡。ようやく病院に行くことに。ここまで、陣痛開始から6時間。店長・奥さんともにほぼ完徹。

病院到着後、すぐに診察を受け、陣痛室へ。私の拙い認識では、「病院につけば後はもう産むだけ」というものでしたが、それはすぐに誤りと気付き、奥さんのうめき声とともに刻々と時間だけが過ぎて行きました。

ようやく分娩が開始されたのが、19時でした。結局、陣痛室には朝9時から10時間滞在しました。この間ももちろん睡眠とれず。

最後の分娩はスムーズに行き、最終的には20時半にめでたく誕生いたしました。

今回、上述のように真夜中に陣痛が始まったため、全く睡眠がとれず疲労困憊(出産しない私がこんなことを言うと奥さんに失礼かもしれませんが)でしたが、やはり最後の出産のシーンは「感動」という言葉以上の素晴らしいものでした。

月並みな言い方をすると、「何も言えねぇ」でしょうか。とにかく、わが子が先生の手で取り出された瞬間、込み上げるものがありました。

当初は、立会出産を希望をしてはいなかったのですが、成り行き上、出産に立ち会いました。結果、この決断をしてよかったと心底思いました。

あの感動を言葉にすることは本当に難しく、且つ、極端な睡眠不足の現状では、これ以上この気持ちを表現することはできませんが、今日は人生の中でも大きな大きな記念日になりました。

※感情のまま書きつくってしまいました。乱筆・乱文お許しください。


2009/2/5



今日は、ベビー雑誌などにもよく記載されていますくるくるスロープをご紹介します。

1977年の発売以来、変わらぬデザインで愛されているくるくるスロープは、いい意味で非常にベーシックなスロープトイです。

4つのスロープを色とりどりのボールや車型の滑車が適度なスピードで転げ落ちていきます。

それぞれのパーツが異なるスピードや音色を醸し出すので、滑らせる順番を変えるなど幾通りもの遊び方が楽しめます。

最初は遊び方がわからない子供達も、ボールや滑車を落とすということを教えてあげれば、自然と遊びだすようになります。

当店でも人気の商品で、入荷後すぐに売り切れてしまうこともしばしばです。特にキャンペーン実施の際は、まっさきに売れていきます。

ある程度ボリュームのある大きさながら、価格もお手頃なので贈り物にも宜しいかと思います。

くるくるスロープ如何でしょうか?


2009/2/4
有力トイメーカー受注会&ギフトショー

今日は、有力トイメーカー受注会(要は簡単な見本市)とビッグサイトで開かれているギフトショーに行ってきました。

受注会に関しては、会場が都立の産業会館ということもあり、あまり期待はしていなかったのですが、中々いい玩具を発見することができました。

特に気に入ったのが、スロープトイ。当店の人気商品でもある、くるくるスロープと似たような商品ですが、スロープの形がユニークで早速お取引の開始を申請させて頂きました。

全体で10〜15くらいのメーカーさんや卸さんが出展されていて、小規模ながらも実のあるものとなりました。

昼食を挟んだ後、浜松町から有明はビッグサイトへ。こちらは、日本最大級のギフトショーで、とにかく会場が広かったです。

ビッグサイトの全館(東館・西館)で開催されており、一日ではとても回りきれない広さでした。

ですので、キッズコーナーに絞って物色をしてきました。現在もお取り引きをさせて頂いている平和工業さん含め、知育玩具のブースを中心に訪問し、数社様と名刺交換してきました。

午前中の見本市と同様、何点か気に入ったおもちゃがあったのですが、その内の数点は、現段階ですでに品切れとなっており、入荷はしばらく待たなければならない状態でした。

今までも何度か経験してきましたが、やはり人気商品は当然ですが品切れが早いです。発売開始の3か月以上前に初期受注分は完売です、ということも珍しくはありません。どの業界でも共通だとは思いますが、情報とネットワークですべてが決まってしまいます。

まぁ、多少の悔しさ?は残るものの、非常に有意義な一日になりました。

今日気に入った商品につきましては、近いうちに新商品として皆さんにご紹介したいと思います。


2009/2/2

早いもので、年が明けてからもう一か月、明日は節分です。

今日、近くのスーパーに出かけたら、小さな節分コーナーと大きなバレンタインコーナーがありました。

スーパー側からしてみると、豆やちょっとのお面くらいしか出ず単価のみこめない節分より、一人当たりの数も単価も期待できるバレンタインのチョコレートにより多くのスペースを割くのはわかる気もしますが、日本の昔ながらの風習が失われていくようでなんだかさみしい気分になりました。

Wikipediaによると、"関東・東海・西日本・北九州では炒った大豆(炒り豆)を使用"し、"北海道・東北・北陸・南九州では 落花生をまく"そうです。

私は、埼玉で生まれ埼玉で育ちましたので、ずっと大豆をまき、年の分だけ食べてきましたが、地方によって違うとは今日知りました。

落花生を使う理由は、大豆よりも回収し易く、殻ごと撒くため地面に落ちても食べられる、等の利点があるためだそうです。

ただ、落花生だと、年の数分だけ食べる場合に数え方はどうなるのでしょうか?(中に複数個ピーナッツが入っていますよね?)

いずれにしろ、日本、そして地方独特の文化は大切に残していきたいですね。

とりあえず、明日は大豆をまいて福を祈り、そろそろ大量になってきた年の数分の豆を食したいと思います。


2009/1/31


今日は、スウェーデン王室御用達のメーカーBRIOのおもちゃをご紹介します。

先日、新商品コーナーにも登場しましたダッチーは、とってもスタイリッシュなプルトーイです。

ダックスフントをモデルにし、BRIOカラーの黒を基調として光沢感を備えたその造りは、まさに”ヨーロッパ”の香りが漂います。

そんなダッチーですので、おもちゃとしてだけでなく、お部屋のインテリアとしても全く違和感なく、おしゃれな雰囲気を醸し出すこと間違いなしです。

もちろん玩具としても、大きめサイズ(かなり大きいです。)のダッチーは、遊び応え満点です。愛嬌のある表情で、尻尾を振りながら後ろをついて回ります。

動物と触れあうことは、お子様の情操教育に最適ですので、普段からこうした動物型のおもちゃに囲まれることは、健やかな成長に寄与するように思います。

今回は、新商品特価で非常にお買い得(おそらくネット最安値)になっていますので、お試ししてみては如何でしょうか?


2009/1/29


今日は、当店のままごとセットで唯一の”無塗装ままごとセット”(日本製:平和工業)をご紹介します。

前回紹介しましたオーブントースターセットなど、一般的なままごとセットには、少なからず着色がされていますが、当商品は、木の木目をそのまま活かした無塗装となっています。

少し味気がない様にも見えますが、その素朴感が意外と”オシャレ”に感じてきます。

セット内容は、やはり”和”をイメージしてあり、お茶碗セット(お箸付き)や湯飲みセットが付いています。これ一つあれば、”日本式の”ままごとが楽しめること間違いなしです。

もちろん無塗装の木箱もついていますので、お片付けの練習もできますし、持ち運びもラクラクです。

シンプルでオシャレなままごとセット如何でしょうか?

2009/1/28



言わずと知れた?当店一番人気のままごとセットです。

食器類、鍋、包丁、まな板、トレイ、ガスコンロ、オーブントースターと、ままごとに必要と思われるものがセットで入っているため、スターターキットとして非常に人気があります。

当店は、オープンしてまだ6か月程度ですが、月間の売上ランキングでは、常に上位にきています。

日本グッド・トイ認定玩具でもありますし、日本製の安心感も選ばれる理由の一つのようです。

全てのパーツが、小さなお子様(3歳〜)の手にフィットするちょうどいい大きさで、木の木目の美しさを活かした食器類は、お子様の手を温かく包みます。

物理的な木の温もりと精神的な温かさ(安心感)が相まって、とても”優しい”おもちゃに仕上がっていると思います。

ダントツの人気を誇るオーブントースターセット、ぜひお試しください。
2009/1/26
税務署に行ってきました。

今日は、年末調整の還付申請と法廷調書の作成のために最寄りの税務署に行ってきました。

会社を設立して一番大変だと思うことの一つは、税務関連の書類作成です。(私にしてみると)とにかく、作成する書類が多く、記載要綱を見ても中々理解が進まない項目も多くあるからです。

ですので、一番手っとり早いのは、提出先の税務署で相談に乗ってもらうことなのです。

今までは、あまりお役所関係にはいいイメージはなかったのですが、いざ利用してみると懇切丁寧に教えてくださり、考えが一変しました。
(税務署に関しては、当然、積極的に納税しようとする人は大歓迎なのでしょうが。)

ただ、色々な書類を持ち込んだため、ひとつの係では対応しきれないらしく、何箇所か窓口を変更して対応してもらいました。(ワンストップでやってもらいたいというのは、少々我儘でしょうか?)

とまぁ、少し時間はかかりましたが、何とか税務署に提出する書類はすべて完了し、あとは、市役所に調書を提出するのみです。

もともとお客様と触れあいたくて始めた小売業ですが、こうした税務・法務関係などを学べる副次効果がついてきて何よりです。

今後は、もっと色々なことに触れあって吸収していけたらと思う今日この頃です。


2009/1/23


今日は、目先を変えて、つみきのご紹介をしたいと思います。

といっても、普通のつみきではなく、ドーナツ型のパーツが新しい日本トイズサービス製のモックつみきです。

このモックつみき、同じ名前で大きさの異なるものが2種類あります。1つは30ピース入りで、当店でも以前から扱っているもので、もう一つが、今回新たに当店に入荷しました60ピース入りです。

双方とも、先に書きましたが、ドーナツ型のパーツが従来のつみきとは異なります。

円形パーツを取り囲むようにドーナツパーツが配置され、凱旋門のような形をしています。

このパーツを使うことにより、くるまのボディをリアルに作れたり、それこそお城の門のようにして遊ぶことができます。

つみきは、子供たちの創造力を引き出す最高のおもちゃの一つだと思っていますが、こうした新たなパーツが入ることで、より一層”知育”効果が期待できます。

カラフルな色合いで見た目もきれいなので、ご出産祝いの贈り物にも向いていると思います。

モックつみき、如何でしょうか?


2009/1/22



今日ご紹介するのは、昨日に引き続き、WonderWorld社の玩具です。

例に洩れず、非常にカラフルなつくりで、目を楽しませてくれます。遊び方としては、取っ手つきのかわいい木製ハウス(おそらく郵便局をイメージしたもの)の屋根に5種類のブロックを当てはめていきます。

昨日のWAGGY GARDENよりもブロックの種類が多いので、少し形合わせに慣れてきたお子様にちょうどいいかもしれません。

形合わせおもちゃの多くに共通することですが、ブロックが中に格納できるので、お片付けの練習にも最適です。

適度な大きさと取っ手のおかげで持ち運びも簡単ですし、お気に入りのおもちゃになること間違いなしです。


2009/1/21


今日は、最近入荷しましたWAGGY GARDENをご紹介します。

タイのWonderWorld社製で、ニチガンオリジナルが輸入販売をしているのですが、このWonderWorldシリーズは、とにかくカラフルでオシャレ!

当店では、このWAGGY GARDEN以外にもTWISTY MOBYなど、何点かそろえているのですが、そのどれもが色使いが素晴らしいです。

話をWAGGY GARDENに戻します。遊び方としては、3種類のお魚型ブロックで形合わせをしたり、テントウムシのボタン?を上下に動かして遊べるようになっています。

シンプルなつくりではあるのですが、その分、小さなお子様(1.5歳〜)から十分に遊べますし、かたち合わせ遊びの導入編としてもおススメです。

また、適度なお値段且つ、適度な大きさなので、ちょっとした贈り物にもピッタリです。

是非一度、このカラフルワールドをご堪能あれ。


2009/1/20



今日からは、少しづつ当店の商品紹介をしていきたいと思います。

まずは、第1弾として、日本製手作りの木馬、「エルムの木馬」。実は、この商品、メーカー様での欠品も多く、中々手に入らない逸品なのです。

当商品のメーカー、ニチガンオリジナルさんには、もう一つタイ製の木馬があり、そちらは在庫が豊富なのですが、こちらは、日本製のためか、常に在庫が薄です。

当店でも年末から売り切れ状態が続いており、お客様にも入荷待ちの状況が続いていましたが、ついに本日入荷いたしました。

商品を見てみると、首の箇所が簡単な組み立て式となっており、全体として洗練されたデザイン。木目の美しさが前面にでていて、さすが人気商品と思わせるつくりです。

サイズとしては、大きすぎず、1歳から3歳くらいのお子様が乗るのにちょうど良い感じです。そりもちょうど良い長さになっていますので、前後への揺れも適度に抑えられます。

25年間変わらぬデザインということで、それだけ、この商品に対する満足度が高いことが伺えます。

一点だけ難点を挙げるとすると、大型商品であるため、ラッピングができないことです。ただ、ギフトの際には、外箱に裸でリボンでオシャレに仕上がります。

お値段的には、少々お高いですが、皆から愛される逸品、お試しされてはいかがでしょうか?


2009/1/16
ハイテク機器の使い方

体調を少し崩していたこともありまして、今日、新年の福袋をご注文頂きましたお客様に配達してきました。(当店周辺エリア限定。)

最近は、お客様の住所をカーナビに入力して、お伺いするのですが、今日は、その”デジタル頼り”があだとなってしまいました。

最新鋭のカーナビでは、通信機能を備え、常に最新のデータをダウンロードしてくれるものもあるようですが、今回使用したカーナビは、旧型(というほど古くもないとは思うのですが。)だったため、格納されているデータが少し古かったようです。

当然、格納されているデータの対象内であれば何の問題もなく、お客様宅の前(or後ろor横)に運んでくれるのですが、問題は最近建てられたお宅です。

特に番地が飛んでいる場合は要注意です。カーナビは、新しいデータを識別できないため、それに近い番地を検索して表示してくれます。

ですが、区画整理や何らかの理由で、番地が以前の地区のものと距離的に遠い場合があります。

今日お届けにあがったお宅がまさに”それ”でした。カーナビでしめした住所でお客様にお電話して詳細な位置をお伺いしようとしたところ、かなり的外れな場所にいることが判明し、お客様のお手を煩わせてしまいました。

結局、何度かお電話でやりとりをさせて頂き、ようやく辿り着きました。

今日の教訓としては、便利になったこの世の中ではありますが、"万能なるもの"など存在せず、常に使う側の経験や知識が必要になるのだということでしょうか。

今回の件は、非常に初歩的なミスですが、一度経験しないとなかなか身に付かないものでは?と感じました。

※本日お手間を取らせてしまいましたお客様にはこの場を借りて重ねてお詫び申し上げます。
2009/1/13
風邪をひいてしまいました。

3連休の最中、風邪をひいてしまいました。テレビなどで、乾燥の話題が連日流れていたにもかかわらず、今朝起きたらダルさとのどの痛みが。

ただ、幸いにも妊娠中の家内は、昨晩から今日まで法事で帰省中でしたので、おそらく移る心配はないかと。

ここ何年かは、風邪をひいていなかったため、少し油断をしていたのかもしれません。来月には新生児が家にやってくることを考えると、今まで気にしなかった「予防」に真剣に取り組む必要がありそうです。

みなさんもお体には十分お気を付けください。
2009/1/9
雪が降る町


今朝、東京では初雪となったようです。といっても、朝6時くらいに少し降った程度だったようです。

昨晩から天気予報では、雪の注意を出していたので、朝起きたときには一面銀世界かと少し期待していましたが、子供の頃からそうだったように、全く積もっていませんでした。(既に雨になっていましたし。)

タイトルにも書いたのですが、私と同年代の方ならお分かりになるでしょうが、ユニコーンの名曲「雪が降る町」がこの間ラジオで流れていました。

青春ど真ん中の時期に聞いた曲なので、久しぶりの歌声にしばし聞き入ってしまいました。

そして、昨日、今日の雪騒動?なんとなーく、遠い?学生時代に思いを馳せてみました。
2009/1/8
命名と画数占い

来月に息子の誕生を控え、色々と準備を進めているのですが、中でも私(我々?)の大仕事は息子の命名です。

すでに、名前と漢字は決定していたのですが、今日、ふと画数占いの本を目にしたので、いい機会と調べてみることにしました。

今までは、名前の意味を大事にしていきたいと考えていたため、全く画数を気にしてはいませんでした。ですが、いざ調べてみると気になるもので、画数を数えているうちにドキドキしてきました。

結局は、それなりにいい画数だったようで、根拠のない安心感を手に入れることができました。

ただ、画数占いには、姓名合わせた総画数の他に、名字だけや名前だけの画数もあるみたいで、それによって占いの結果も異なるようです。

最終的には、やはり個々人がどうとらえるかという話にもなってきてしまうのでしょうし、私個人としては、今回でた結果を唯一の結果として受け止めたいと思います。

何にしろ、自分のことではなく、息子のこととなると全て気を使ってしまいますね。


2009/1/1
年初のご挨拶

2009年あけましておめでとうございます。本年も、昨年同様、宜しくお願い致します。

昨年は、7月に会社を立ち上げ、あっという間の5ヶ月間でした。

12月の年の瀬も、今までのサラリーマン生活とは異なった年末だったため、新年を迎える実感がなく元旦を迎えてしまいました。

特にクリスマスの1週間前からクリスマス明けまでは、今までの生活とは全く逆の、徐々に仕事のペースがアップしていくという形になりました。

転職も何度か経験し、環境の変化には慣れていたつもりでしたが、やはり「自分が動かなければ何も動かないということ」は、想像以上に大変で、しかし、楽しくもありました。

昔の上司に、仕事が"楽しい"ということは、”楽”をしていることだから、仕事は常につらくなくてはいけないと言われましたが、小売業ならではのお客様とのやりとりでの充実感は、やはり”楽しい”ものでした。

おそらく、上司のこの言葉の真意は、自分が楽しいと思う余裕があるのであれば、まだまだお客様に対して、サービスや気遣い、品質の追求ができるだろうということだと理解しています。

ですので、今年の目標としては、自分が”楽しい”だけで終わるのではなく、その先に一歩踏み込んで、お客様が真に”楽しく”感じられるサービスを提供できるように頑張っていきたいと思います。

2009年、この目標の下、誠心誠意邁進して参りますので、昨年と変わらぬご愛顧頂けますよう何卒お願い申し上げます。

2008/12/25
サンタサービス完遂!

昨日(12/24)、ついにサンタサービスを決行しました。運転手とサンタ2人ひと組×2チームで、ご注文いただいたお客様に配達してきました。

あらかじめ予想はしていましたが、お宅にお邪魔すると必ずと言っていいほど写真撮影が始まります。気合いの入っているお宅では、玄関に入るところからビデオ撮影も。

一方、こちらは予想外だったのですが、3歳くらいのお子様の場合では、サンタの私を見た瞬間、号泣されることがしばしば。

最後のお宅では、4人のお子様のうち、3人が大合唱で泣いていました。プレゼントは「ありがとう」と言って貰ってはくれるのですが・・・。

番外編としては、とにかく犬に吠えられました。やはり、日本に住む犬からして、白髪パーマに赤い服を着たおじいさんは不審人物に見えるのでしょうね。

後、サンタの衣装は想像以上に暑かったです。この寒空の下、汗だくになりながら街を駆け回りました。(特に口髭のあたりは、自分の息で温室効果を生み出していました。)

配達を終えて振り返ってみると、どうも、子供たちよりも大人のおばあちゃん、おじいちゃん、お母さん、お父さん方に大いに喜んで頂きました。

やはり、我が子にイベントごとに色々と経験してもらいたいという思いから来るものなのでしょうか。

私も2月に父親になりますが、今から来年のクリスマスが楽しみになりました。サービスをお届けしたのに、自分が何かサービスを受けたような気持になった夜でした。
2008/12/16
偶然

先日、大学の友人の結婚式に出席してきました。その2次会でのこと。

2次会恒例のゲーム大会に弊社の商品を提供させて頂いたので、その挨拶をして友人と談笑していると、「どこかでお見かけしたことがあるのですが・・・。」といったような声が。

よくよく話してみると、なんと私が1番最初に入社した会社の同期だったのです。

その会社は、入社月がおおまかに言って、4月、8月、11月と分かれていて、それぞれが50人程度でした。

私は8月で、その彼女は11月入社でした。入社月が離れているとあまり交流はなかったため、同期といっても上述のような、あったことがあるようなないようなという状況に陥るのです。

それにしても世間は狭いと改めて認識しました。聞けば、彼女は、新婦のお姉さんの古くからの友人らしく、「私の大学の友人の奥さんのお姉さんの友人が会社の同期」だったことになります。

会社の同期という”近い”関係でありながら、片や、上記のような肩書きだと全く関係がないような状況。

自分の知り合いは必ず誰かと知り合いなわけで、人と人との関係で世界は成り立っているんだと当たり前のことをしみじみと感じた夜でした。

2008/12/7
おもちゃ業界の動向

この日記(毎日更新していないので、正確には日記ではないですが。)でも、たびたび書かせて頂いていますが、中々おもちゃ業界の景気も芳しくないようです。

先週の木曜日に発表したトイザらスの2月−10月の業績は、経常赤字が35億円で、前の期よりも赤字幅が拡大しました。やはり消費低迷の影響を大きく受けた模様です。さらに、クリスマス商戦で折り込みチラシを増やしたことで広告宣伝費もかさんだとのこと。

ただ、悪いことだけではなく、ベビー向け用品は売上7%増となっており、今後ベビー向け売り場を増やす方針だそうです。

このベビー向け用品は、おもちゃだけでなく、哺乳瓶や子供服などが含まれており、おもちゃだけではないですが、やはり乳幼児にかけるコストは年々増加しているようです。

これは、晩婚少子化の影響により、子供の数に対する関係する大人の数が増えたことにより、子供一人にかける単価が増加したことによります。(一般に8ポケットだとか、10ポケットと言われています。)

結局、少子化という現象がおきながらも、面積(子供にかける総コスト=子供の人数×子供一人当たりにかけるコスト)が増加しているという構図ができあがっています。

最近おもちゃ売り場に占める乳幼児向けの玩具(主に知育玩具)売場の割合が増えてることは先の日記でも触れましたが、100年に1度の不況と呼ばれている今回の不況を乗り切るために、各社とも(弊社も含めてですが)経営資源を最適なエリアに振り分けられるかが、今後の業績を左右しそうです。

2008/11/30
サンタサービス

先日の日記でも記載しましたが、クリスマスの目玉サービスとして、サンタがお買い上げ商品をお届けするサービスを実施することになりました。(弊社の所在地である川口市と隣の鳩ケ谷市にお届けの場合限定)

先週、折込広告を入れ、着々とご注文をいただいているのですが、今苦労しているのは、サンタのコスチューム。

ネットやリアル店舗など色々と物色しているのですが、どれもこれもつかみ所がなく(試着ができないので。)、非常に迷っています。

安いところでは、ダイソーで420円で売っていますが、値段が値段だけに手が出せず、東急ハンズやシモジマなどでは、4000円〜6000円といい値段がしてこれまた躊躇。

お客様の中には、「子供の夢を壊さず完璧に演じてほしい」とか「小学校3年生の娘にバレないでほしい」等、結構、プレッシャーがかかるご要望があります。

ですので、当店としても最大限の注意を払い(資金面との折り合いもありますが。)、"立派な"サンタを演じられるよう衣装はもちろんのこと、話し方や立ち居振る舞いに至るまで研究したいと思います。
2008/11/25
ふれあい

先日も触れましたとおり、地域のイベントに参加してきました。

やはり、お祭りという活気のある中で、直にお客様と触れあえるのは、小売業の醍醐味だと改めて実感しました。

お店への呼び込みや、商品説明からお買い上げに至るまでの過程の全てが、”楽しく”感じられました。

非常に月並みなのですが、本当に「お客様のありがとう」という言葉や笑顔が仕事をする上での原動力になります。

これからクリスマス商戦に突入し、お客様へのお届けの機会も多くなりますが、一つ一つの”ふれあい”を大切に「KIDS LAND」を続けていければと思います。


2008/11/22
イベント出店
明日は、地元のイベントへ出店するため、今日は準備で大忙しでした。

明日の来場予定者は、3,000人と一地域のイベントとしては、中々の来場者がありそうなので、意気揚々と準備をこなしました。

そんな準備の中で一番頭を悩ませるのが、POP作りです。特にブースの看板は、お客様の目を一瞬で引き付けるための工夫が必要なので、中々苦労しました。
(結局は、非常にシンプルな形に落ち着きました。)

明日までは、晴天が続くようですし、気温も久しぶりに上がるようです。

澄んだ冬空の下、声を張って頑張ってきます。


2008/11/18


最近、ふと考えるのが、○○大賞や○○認定といった、特定の機関からの「認定マーク」についての効果です。

当店では、「日本グッド・トイ認定玩具」というコーナーを設けて商品をカテゴライズしていますが、その効果はいかほどなのでしょうか?

実際の例を見てみると、ままごとのカテゴリで、「ケーキセット」と「オーブントースターセット」という2つのおもちゃがあります。

この2つ、メーカーも同じで、共に日本製、ままごとセットのの色合いやスタイルも似ています。(もちろんセット内容は異なりますが。)

ですが、トップページのランキングでもあるように、「グッド・トイ認定玩具」であるオーブントースターセットの売れ行きの方が好調です。

チラシ等でもカテゴリの関係上、隣り合わせになることが多いため、グッド・トイ認定マークが目を引くためでしょうか、売上に差があります。

ままごとは、カテゴリの性質として、かなり上位にくるのですが、オーブントースターは、その中でもダントツに売れています。

おそらくは、年齢や周囲のおもちゃ環境にもよるとは思いますが、なかなか興味深い結果です。

まだまだ、分析も浅いですが、今後は、ふと気づいたことを積極的に分析していきたいと思います。
2008/11/16
今月の業界誌「トイジャーナル」によると、昨今、知育玩具の売り場が増大傾向にあるそうです。

ここ数年、ネット販売や専門店の減少により、おもちゃ売り場も減少を続けていますが、メーカー(タカラトミー)直営のおもちゃ屋さん「トイキングダム」や、各地に新規オープンしているショッピングモールなどで、おもちゃ売り場の出店が目立ってきたようです。

また、住宅展示場でのおもちゃ販促ブースの出店など、異業種との交流も始まってきています。

ショッピングモールも住宅展示場も、おもちゃ売り場に対する集客効果への期待は大きいようです。

そんなおもちゃ売り場の中でも、最近は、知育玩具のスペースが拡大しており、売場のかなり広い場所にサンプル展示ブースを設けてみたりと注目されているようです。

一種のブームかもしれませんが、この機会に、知育玩具のよさがもっともっと広まればいいと切に願う次第です。「KIDS LAND」でも今後、どんどん商品をご紹介できるように頑張っていきたいと思います。

2008/11/9
日本シリーズ第7戦

今日、日本シリーズの第7戦が行われました。結果は、西武の継投が冴え、西武の優勝。

結果としては、西武が優勝で終わりましたが、4勝3敗のスコアが物語るように非常に接戦でした。

今シリーズは、どの試合も基本的には、投手戦で、接戦が多く、まさに手に汗握る試合展開になりました。

ここ2,3年は野球人気の低迷(特に巨人戦の視聴率)が叫ばれていますが、今回のシリーズのような試合が続いていけば、人気も回復していくのではないでしょうか?

両チームに共通しているのは、”若手の台頭”ということです。日本プロ野球界にFA制度が導入されて久しいですが、やはり、生え抜きの選手が活躍することはファンにとっては、嬉しいものです。

昔は金満球団と言われ、スタメンのほとんどが他球団からの補強選手だった巨人も、シーズンの全試合に出場した坂本をはじめ、亀井や脇谷、東野に越智、山口と生え抜きの若手選手が次々と現れ、ペナントの大逆転優勝につなげました。

一方、西武も片岡、中島、中村といった、非常に若い打線が売り物ですし、投手陣も涌井や岸といった20代前半の選手が大いに活躍しました。

FA制度がすべて悪いわけではなく、やはり何事もバランスが大事なのでしょうね。

長かったシーズンもこれで終わりを迎え(アジアシリーズは残っていますが。)、はらはらドキドキの毎日もしばらくお休みです。

来春はWBCもありますし、一野球ファンとしましては、かつてのような野球人気が戻ることを切に願っています。


2008/11/5
クリスマス商戦

ハロウィーンも終わり、そろそろ百貨店ではクリスマスツリーが飾られ始めています。

小売業界にとって、クリスマスからお正月に続く年末年始は、やはり一年で一番のかきいれ時。

当店も例外ではなく、クリスマス用の販促チラシを作成しています。

クリスマス用の価格を用意するのはもちろんのこと、+αのサービスとして、地域の新聞販売店さんと協力して、12月24日にプレゼントをお届けするサンタサービスなるものを考えています。

サービスを希望されたお客様に対し、サンタの格好をして直接お届けにあがるという簡単なサービスですが、「無料」を想定していますので、お気軽に利用してもらえることを期待しています。

今となっては、子供のころ、いつまでサンタクロースの存在を信じていたかは覚えていませんが、幼稚園にやってきたサンタさんは鮮明に覚えています。

子供たちの夢を壊さないように、”変装”には最新の注意を払おうと思います。

なお、詳細が決まりましたら当HPでもお知らせいたします。(ただし、サービスの特性上、エリア限定になると思われます。)

2008/10/28

妊婦ブログにも書いてあるように、先週の日曜日は小規模のイベントに参加してきました。

当日はあいにくの雨で、本来確保していた場所から、屋根つきの奥のスペースになってしまいました。

やはり小売りにとって、スペースは非常に重要な位置を占めるので、売り上げにも大きな影響を及ぼします。

今回は、雨がやんだ後に正規のスペースに移動したとたん、商品が売れ始めました。

時間帯によるお客様の属性の変化もあるでしょうし、一概に場所だけの問題ではないのかも知れませんが、やはり、人間の潜在的な感覚に”場所”が訴えかける度合いは大きいような気がします。

たとえば、狭い場所(壁と壁の間や、天井との間)では、無意識に閉塞感を感じ、ショッピングを楽しむ感覚(=買い物モード)が薄れるでしょうし、反対に心地よい日差しの下では何となく気分が向上し、購買意欲が増すように思われます。

天候だけは運に頼らざるをえませんが、今回得られた情報をもとに来月以降のイベントにつなげていけるように色々と分析してみようと思います。


2008/10/21
広告の効果


今日は、朝から注文の電話が入ってきました。

先週、孫の日キャンペーンの一環で折込チラシを入れたのですが、1週間以上経った今でも電話が鳴るというのは、商品特性のなせる業なのでしょうか?

通常、一般的な商品での新聞折り込み広告の効果は大体3日間くらい(全体の90%以上が集中するそうです。)のようです。

ですが、ことおもちゃのチラシとなると今回のように1週間以上経ってから電話がなることも珍しくありません。

発行主体(企業)を変えても、それは変化なく、(私が試したのは2社だけですが)同じ様な傾向です。

チラシでの購買層は、60代前後のおじいちゃん、おばあちゃん世代が圧倒的に多いので、やはり、お子さんやお孫さんに相談して買われるのでしょうか?

何にしても、広告効果が持続することは店主にとって、喜ばしい限りです。

2008/10/15
満月

今日は、満月でした。たまたま、夜空を見上げてみたら、大きな満月と一緒に、高い空に気付きました。

日中暑かった気温も夜にはすっかりおさまり、ひんやりとした空気の中、秋らしい高い空が広がっていました。

天高く馬こゆる秋を実感した夜になりました。

2008/10/12
妊婦検診にて

妊婦ブログでも書いてありましたが、この間、妻の妊婦検診に同伴しました。

かねてからの産婦人科不足のあおりを受けて、予約をしているのにも関わらず、すべてが終了したのが予約時間から3時間経った後でした。

今回は、エコーや検診自身は、妻だけが受けて、私は、助産師さんとの「悩み相談」みたいな面談に参加しました。

といっても、具体的に何か悩みがあるわけではなく、何となく出産について感じていることを話し合う場でした。

現在の胎児の状態や、夫としての家庭での役割(妊婦さんをよく助けるように!!とのことでした)など、30分程度に渡り雑談してきました。

病院で出産への具体的な話がいろいろと聴けたので、子供を迎える”覚悟”みたいなものが少しづつ出てきたような気がします。

次回の検診では、いよいよ性別が判明するかもしれないそうです。。。。
2008/10/7
バースプラン

うちの子もそろそろ20週目になり、家内が病院でもらってきた「バースプラン」なるものを書きました。

「バースプラン」とは、その名の通り、どんな出産をイメージしているか、不安や希望は何か・・・といったことを書くみたいです。

正直、家内のように毎日胎動でびっくりするわけではないので、あまり実感は湧いていませんでした。

ですが、書類に面と向かって、真剣に考えていると、自分が待合室にいるイメージ(テレビドラマみたいな感じで)が頭の中に広がってきて、急に現実感が出てきました。

あと4か月とちょっとでこの世に生まれてくると思うと、まだまだ不思議な感じですが、早く父親の自覚を持って、ミルク代を沢山稼ごうと思います。。。
2008/10/2
人と人との関係は本来こうあるべき。。。


今日は、「孫の日」キャンペーンの商品お届けをしてきました。
会社のある川口市は、送料無料で自ら届けることにしたので、1日かけて今日分の配達をしてきました。

ご存じない方も大勢いるかと思いますが、川口市とは、人口50万人の街で、面積がとても大きい市なのです。

ですので、一口に川口といっても、会社の所在地から配達先までかなり距離があることも多く、地図を片手に駆け回りました。

特に川口の東側に位置する植木で有名な安行は、その名の通り植木屋さんが多く、植木並木の中を細い道が入り組んでいます。

家自体が植木に囲まれてしまっているので、地図を見て一生懸命探しても、なかなか見つかりません。

何度も電話をしながら、やっとのことで辿り着きました。。。季節はずれの暑さも手伝って、お客様の家に到達したときには汗だくでした。。。

そんな疲れが吹き飛んだのは、お客様からもらった「御苦労さま」の一言でした。

あるお宅では、わざわざ玄関先から道路まで出て待っていてくださいました。さらに、暑かったでしょうとスポーツドリンクまで頂いちゃいました・・・。

1日をさいての配達は、他の業務との兼ね合いもあって、とても大変なのですが、非常に価値のあるものになりました。。。

月並みな表現ですが、人の温かみに触れた1日でした。


2008/9/29
「孫の日」

先週から「孫の日」キャンペーンの企画を練っています。

「孫の日」というものは、9年前に制定され、おばあちゃん、おじいちゃんとお孫さんのコミュニケーションアップを目的とした記念日です。

10月第3週日曜日がそれで、今年は10月19日です。

第1弾として、新聞チラシを考えているのですが、実感するのは、何をしてもコストがかかるということです。

もちろん、今の世の中タダでできることは限られていますが、昨今の資源高の影響もあって、紙代やインク代など、ちょっと目が届かなかった部分でコストが上昇しているのです。

今回は、およそ3000部ほど印刷をかけたのですが、インク代がなんと・・・万円もかかってしまいました・・・。(あえて金額を書きませんが。)

しかもコストを抑えるため、自ら印刷をしたので、出稿前日は真夜中までプリンターとにらめっこしていました・・・。

ただ、こうした労力もお客様からのFAXや電話での注文で一気に吹っ飛んでしまいます。

あとは、ただただ、朝から晩まで電話が鳴りっぱなしになることを祈るばかりです。。。


2008/9/25
六本木ヒルズの屋上


先日、ランチチケットをいただいたので、六本木ヒルズに行ってきました。

チケットには、ランチ券と共に展望台の入場券も含まれていて、せっかくなので登ってみました。

残念ながら、併設の水族館のチケットはついていなかったので、「海抜270mに位置するオープンエア形式の天空回廊」と称する屋上に登ってみました。


この日の天気はあいにくの曇り空というよりも、スモッグが広がっているような感じで、あまり景色がよくはありませんでした。

それでも東京タワーはきれいに見えたし(まぁ、近いからですが・・・。)、360度の展望は解放感があってすっきりとした気分になれました。

よく晴れた日には、遠く富士山もきれいに見えるそうで、夕焼けや夜景も素敵だそうです。

一度訪れてみてはいかがでしょうか?

2008/9/23
最近の事件・・・

最近、小さな子供が巻き込まれる痛ましい事件が続いています。。。昨日、母親が容疑者として逮捕された福岡の事件や千葉の事件。

自分が子供の頃を振り返ってみると、夜暗くなるまで外で友達と遊んでいたと思います。
最近はそんなことも中々難しいようで、携帯電話を持っている小学生も普通になってきました。

子供が無邪気に笑って遊べる、そんな普通の風景が戻る時代にしていきたいと思う今日この頃です。。。


2008/9/19
Yahoo!な一日

新着情報でもお伝えしたのですが、先日、Yahoo!Japanのディレクトリに「KIDS LAND」が登録されました。

登録は、申込方式で、というよりも、審査申込方式で、「実際申し込んでも審査が通るかわからないけれど、審査料としてお金をもらいます。」という仕組み。

審査が厳しいとの評判もあったのですが、一応、審査基準も公開されているので、意外とすぐに通りました。

で、本題はこれからなのですが、審査に通った翌日(掲載初日)に、朝から会社の電話が鳴りっぱなし・・・。

電話は全て、Yahoo!を見ましたという広告会社etcから。しかも何故か、九州地方の会社に偏っていました・・・。

やはりYahoo!の力は偉大なのか??はたまた・・・それ以外の何かがあるのか・・・。

ともあれ、露出を挙げるとそれだけ、想定していない効果もでてくるのだなぁと実感した一日となりました。。。
2008/9/17
リーマンブラザーズショック

 昨日、今日と新聞、TVを賑わせているのが、リーマンブラザーズの破綻のニュースです。

昨日は、日経平均も大幅に下落してしまったように、その影響は世界規模に発展しそうです。

近年は、色々な企業がこぞって、グローバル化と叫んで世界進出を盛んに行ってきました。

その結果、こうした悪い影響もどんどん広がってしまうんですね。。。

今回の件が、おおごとにならないことをただ祈るばかりです。。。
2008/9/13
SEO

 ネットショップというよりも小売業を運営するにあたって、一番の問題は、どれくらいのお客様に訪問いただけるか?です。

 ネットショップでは、サイトの訪問数、リアル店舗では、来店数。さらに欲を言えば、どれだけ自分のターゲットとなるお客様に来店してもらえるか?

 この命題に答える一番手がSEOと呼ばれる検索サイト最適化です。

 GoogleやYahoo!などの大手検索サイトの上位に表示されるようサイトを改善していくことです。

 一口に最適化といっても、検索サイトごとに上位に表示される際の条件は異なりますし、その基準値も公表されてはいません。

 なので、世間一般で大体こんな条件だろうといわれている項目を一つ一つつぶしていくのですが、開店直後のサイトにはやはり厳しい現実が・・・。

 ただ、万里の道も1歩からというように地道に頑張っていこうと思う今日この頃です。。。
2008/9/12
秋の空

例年のことですが、今年も残暑が厳しいですね。

1,2週間前は、「寒っ」と朝起きると思ったものですが、いつのまにか夏空が・・・。

「天高く馬肥ゆる秋」と言われるように秋は空気が澄んで空が高く感じるものですが、今日の青空は、濁ったまま。ベランダからの景色も淀んでいます。

気温もぐんぐん上昇し、ついに9月に入って初めてエアコンをつけてしまいました。本来は、自然の風に吹かれて過ごすことが地球のためにも自分の身体のためにも最善だとは分かっているのですが。。。

ただ、8月は1つも上陸しなかった台風がやってきているようですし、少しづつは秋に近付いてきているのでしょうか??


2008/9/11
祝!オープン

本日ついにKIDS LANDオープンとなりました。

『子供と共に生きる』をコンセプトに素敵なおもちゃを紹介していきたいと思います。

そもそも、なぜ私が知育玩具を販売しようと考えた原点は、現代の"加熱している幼児教育"への疑問からでした。

現在は、ゆとり教育の歪みもあって、特に幼児期からの教育熱が高まっています。
ただ、子供のころから塾やおけいこなどで忙しく、親御さんとの触れ合いや無邪気に楽しく遊べる時間が減っているのも事実としてあります。

であるならば、子供本来の無邪気さや、両親とのふれあいを削ることなく、「教育」ができないものかと思うに至りました。

知育玩具の役割は、正直、微々たるものかもしれませんが、小さなころから子供本来の好奇心や探究心を遊びの中で、自然と引き出すことができれば、塾やおけいこの代用が可能なのではないでしょうか。

知識よりも知能(考える力)は、より劣化しにくいものであると考えます。

そうした"知"の育成を少しでもサポートできるような楽しい知育玩具をご提供できるよう努力してまいります。